Monthly archive for: February 2016

Opera Max でバックグラウンドのデータをコントロール

せっかく契約している貴重なデータプランの 1/3 が、実際には使われずに無駄になっていると知ったらあなたは困惑するでしょう。バックグラウンドのデータというのは、端末に入っているアプリが、それを使っていない間にも広告等を先読みするために使われているものです。 広告やニュース記事は刻々と変化するので、次にあなたがアプリを立ち上げた時には、せっかく先読みしたデータのほとんどは使われず、最新のものだけが表示されるのです。 もちろんこの動作にも利点はあります。どんなタイミングでアプリを起動させようとも、常に最新のデータが一瞬で表示されるのですから。しかしそのためには常にバックグラウンドデータを読み続けなければなりません。その結果が冒頭に述べたような、1/3 ものデータが無駄にされるという事態です。 Opera Max で無駄を省こう ここに着目した Opera Max チームは、大量にバックグラウンドデータが発生すると、ユーザに警告を出し判断を仰ぐのです。これを Opera Max では「スマート・アラート」と呼んでいます。また、あなたが前もって不要と考えるバックグラウンドデータを使いそうなアプリに制限を掛けることも可能です。 Opera Max からの警告「スマート・アラート」を受けたなら、アプリがバックグラウンドデータを使用することをブロックしましょう。もちろんその後も全てのアプリを通常通り使うことが出来ます。ただバックグラウンドデータをブロックしておいたアプリは、あなたが明示的にそれを使う時だけデータを使用するようになるのです。 Opera Max では、あなたの好みに応じて、データ使用量を監視だけする、Wi-Fi 接続時だけネットワークに接続しモバイルデータは全てブロックする、モバイルではあなたが選んだアプリの通信だけを許可する、等といった使い方が出来るのです。 3 つの働き – 使い方 1. 上の画像の左側、オブザーバーとは「監視する人」。あなたの端末が使用するデータをチェックします。あなたが無制限のデータプランを契約していて、データ使用量に心配がないとしても、端末に入っているアプリの振る舞いをチェックすることは大切でしょう。特にバックグラウンドで大量のデータが浪費されているとしたら。それはプライバシーに関わるかも知れませんし、メモリを圧迫しているかも、そしてバッテリーのもちにも関係してきます。 特別な設定なしに、Opera Max は上記の心配を解決する手助けをします。 2. 画像の右側、オーソリタリアン、ちょっと聞き慣れない言葉ですが「警察官」のような仕事を指します。契約しているデータプランを有効活用して、余分な追加料金を払わずに済ませたい時に、無用な動きに規制を掛けてくれます。アプリが使用するデータを全面的にブロック(規制)したり、あなたが選んだアプリの通信だけをブロックします。あなたは希望のアプリをタップするだけ、後は Opera Max が無駄を省きます。 3. 画像の中央、キャプテンとは飛行機で言えば「操縦士」のキャプテンです。私たちが皆さんに最新の Opera Max をお勧めする最大の理由、英語で言うゲーム・チェンジャーの新機能がここに当たります。これまで私たちは端末上のアプリがどんな通信をバックグラウンドでしているか、ほとんど注意を向けていませんでした。これからはキャプテンがあなたに代わって使用されるデータを常にチェックして、不必要と思われる通信が発生したら報告をしてくれます。 これらは理論的には手動でも可能ですが、ほとんどの人にとって余りに手間が掛かり過ぎます。これからは、面倒なことは Opera Max にお任せください。 さあ、Opera Max をあなたの Android 端末に入れましょう。

» Read more
Opera Max でバックグラウンドデータを節約

モバイルデータの 30% はバックグラウンドで無駄に アプリによって使用されるデータ量の内、平均して 30% がバックグラウンドで浪費されていることが、Opera Max のアプリ利用調査から新たに判明しました。 Facebook Messenger と Gmail の 2 つが筆頭で、全使用量の内およそ 73% がバックグラウンドで使われていました。Google Drive と WhatsApp では平均して 50% を超える量がバックグラウンドのデータでした。 バックグラウンドのデータがなぜ重要なのか バックグラウンドのデータとは、あなたが実際にアプリを使っていない間にもインターネットと通信を行っているものです: メールを取得したり、広告を先読みしたり、ニュースやフィードの読み込みがなされます。たとえあなたがそれらを一切利用しなくても。 「たいていのアプリはユーザ体験を最大限にするように作られていて、データを節約する点には無関心です。バックグラウンドのデータを取得することによって、言ってみれば 300円分のデータプランの中から 100円分を無駄に捨ててしまっていることになります」と Opera Software のプロダクトマネージャ、セルゲイ・ロセフは説明します。 「ほとんどの人はこうしたバックグラウンドデータの漏れに気付いていないばかりか、意識して許可を与えてもおらず、どのようにして止めるかその方法を知りません。それゆえに本日、私たちは Opera Max にスマート・アラートを導入しました」と付け加えます。 「スマート・アラートは浪費しているバックグラウンドデータを簡単に制御して、あなたの貴重なデータをアプリが使うのを止める便利な手助けと助言を行います」とロセフは続けます。 スマート・アラートの仕組み Opera Max のスマート・アラートはバックグラウンドで大量のデータを消費するアプリを自動的に特定し、そのアプリをどうやって制御したら良いか、解決法を提示します。あなたのモバイルデータを浪費しないようアプリの通信をブロックするには 2 度タップするだけです。 Opera Max のスマート・アラートは 1 週間あたり 10MB を超えるバックグラウンド通信を探知すると作動します。 アラート(警報)はデータ使用量の「タイムライン」にカードとして Opera Max 内に表示される他、「アプリの管理」と OS...

» Read more
Operra developer 37 initial

Opera 35 development サイクルへようこそ。前サイクルでは、はっきりと私たちが何に取り組んでいるか公開しましたが、今回は未だ秘密です。チェンジログや flag を探しても見つかりません。当面は同期のテストと幾つかのバグ修正をチェックしてください。 一点だけ目新しいのは #no-theme-overlay です。これを flag で有効にして効果をお試しください。 XP/Vista Chrome の blog で Windows XP と Vista に対するセキュリティ修正を含むサポート終了のお知らせがありました。 私たちの製品を愛用頂いているユーザの皆さんのことは常に気にかけていて、12.18 セキュリティ修正も行いました。Opera 36 は Windows XP と Vista にとって、セキュリティとクラッシュ修正は継続して行いますが 機能追加という点では最後のバージョンになります。 Opera 37 以降のバージョンは Windows XP と Vista では動作しませんので、可能であるならば、より新しい OS にアップデートしてください。 チェンジログ

» Read more
Opera は Opera のまま

多くの方がお聞きになられた通り、昨日チーフー 360 とコンロンを含む中国のインターネット企業から成るコンソーシアムが Opera に対して公開株式の全数買い取りを申し出ました。まず第一に重要な点は、この取引は未だ最終決着しておりません。弊社の株主がお持ちの株を申し出ている価格で先方に売るかどうか決していないからです。 Lets see if the offer is approved, but remember no matter what @opera is #StillYourOpera 🙂 https://t.co/yKQ4rcuwsy — Karin Greve-Isdahl (@kgisdahl) February 10, 2016 #Opera というハッシュタグがニュースのトレンドに上っておりますので、この機会に皆さんから親しまれ、信頼されている Opera 製品の将来についてお話させて頂きたいと思います。 英文でモバイルについてはヌノから、デスクトップについてはクリスチャンからの記事がありますので、ここでは日本語で双方をまとめてご紹介いたします。 先ずは Opera のモバイル製品について。当然のことながら、今回の買収の申し出が Opera のモバイル製品に対してどのような影響を与えるか思いをはせてらっしゃるでしょう。Opera はインターネットの世界を形成する上で常にキープレーヤーであり続けてきましたし、間違いなくこれからもそうあり続けます。 しかし、私たちの優れた技術をより多くの人々に届けるためには、より多くの協力してくれる人々と活用出来る技術を広げる必要があります。その点で本日の機会に対しては、外部の巨大なインターネット企業と協力して進むことを好意的にとらえています。 今日 Opera には 3 億 5000 万のユーザが居ます。我々の中国の友人たちには 5 億のユーザが居ますので、合わせて 8 億を超えます。これは巨大な数です。 @IceWreck Nothing set...

» Read more
Opera beta 36

ここに Opera 36 がベータ期に入ったことをご報告申し上げます。既に developer ビルドを使って居られた方はご存知のように数多くの変更がなされています。スタートページのデザイン変更や Windows 10 での改良を始めとする変更は、ユーザの方々からのフィードバックに基くものです。以下にその要点をまとめてご紹介いたします。 スタートページのレイアウト変更 既に developer ストリームでお馴染みのように、新しいスタートページはナビゲーションの使いやすさに配慮したものです。スタートページの表示変更パネルは左側に移りました。そしてスピードダイヤルとニュースは同一画面に融合され、右上にある “Customize start page” 歯車ボタンから設定変更出来るようになりました。スピードダイヤルとニュースを分ける従来の方式が気に入っておられる方も、この設定パネルから戻して使うことが出来ます。右側のパネルでニュースのチェックを外すと、左側のパネルにニュースを表示させるボタンが出現します。 developer 版をお使い頂いていたユーザの皆さんから要望の多かった機能ですが、設定 > ブラウザ > “Show advanced setting” を有効にすると、スタートページの設定歯車パネルのチェックを外すことによって、ほとんど全ての表示内容をスタートページから消すことも可能です。必要最小限、あるはすっきりした画面を好むユーザの方は、お試し頂くと気に入って頂けるかも知れません。 Windows 10 とタッチスクリーンの Opera UI 改良 Windows 10 のユーザ、特にタッチスクリーンをお使いの方は、インターフェースの改良を歓迎して頂けるでしょう。先ず、設定 > ブラウザ > トップバーにシステムの色を使用する からシステムあるいは Opera の色を操作出来ます。 Windows 10 のタッチスクリーンをお使いの方は、フルスクリーンモードへの切り替えボタンが追加されていること、そしてコンテキストメニューがタッチ向けに押しやすい大きさになっているのにお気付きでしょう。これらは Opera をタッチ操作で起動すると有効となります。 拡張のエクスパンダー 沢山の拡張をインストールされている方、ツールバーに収まらない拡張にもアクセスしたいとお望みの方のために、ツールバーにエクスパンダーを付けました。以下のスクリーンショットは例示のためにランダムに拡張を入れたものです。 テーマのカスタム テーマを選択するのも視覚的に容易になりました。候補となるテーマは、設定 > 基本設定と “Show Advanced...

» Read more

本日の Android 用 Opera のアップデートほ、外からは見えない部分がほとんどです: 微調整やバグ修正の他、ベースとなる Chromium を 48 とし、メモリ消費量を減らしました。またお気付きの方もいらっしゃると思いますが、感想・評価を付けて頂きたいというお願いのポップアップを出しました。評価やコメントを参考にして、あなたにとってより良い Android ブラウザを作って行きたいと考えています。 とは言え、ここでホーム画面に追加機能について一言申し上げたいと思います。 未だ試していなかったらアドレスバー左端の “+” ボタンをタップしてホーム画面に追加を実行してみてください。次回からそのサイトはお使いの Android 端末のホームスクリーンからアプリのように直接立ち上げることが出来ます。 この機能を数か月間試した結果、お使いの端末の保存領域を大幅に節約出来ることが分かりました。 簡単な比較テストを行ってみました。Play ストアから Facebook、Twitter、Soundcloud、Flipkart、Wikipedia、Flipboard と Appear.in のネイティブアプリをインストールしたところ、使う前の状態で 464 MB にもなりました。まだ何もしていないのにこれだけの貴重な保存領域が消費されているのです。 空き容量の少なくなった端末なら、これらのサービスを提供しているウェブサイトを開いてホーム画面に追加し、そこから利用することによって同様の見栄え、使い心地を味わうという手があります。しかもたった 1 MB しか保存領域を使わずに済みます。これで 463 MB 分だけ多くの写真や動画等の保存に使えるわけです。いかがですか。 実際に試したら、どれだけ節約出来たか教えてください。

» Read more

本日公開された最新の Opera Max には改良型 Opera Turbo が搭載されると共に、Opera Max の使用する接続を SPDY とすることによって HTTP 1.1 に代わって SSL としました。これにより今まで以上にブラウザとアプリの通信を効率的に、そして安全に扱うことが可能となります。 公共 Wi-Fi でのセキュリティ Opera Max をオンにしておけば、コーヒーショップ、駅、空港、ショッピングセンター等の公共 Wi-Fi を使う時に、情報を覗き見しようとしている近くにいるハッカーにデータが漏れる心配をする必要が無くなります。 SPDY を採用したことにより SSL で暗号化された情報は、利用中のスマートフォンと Opera Max データ節約サーバ間の通信を安全に保ちます。 混雑した Wi-Fi ホットスポットでも遅延を少なく Opera Max を使うことによって、Instagram や Flipboard といった画像の多く含まれるアプリのデータ使用量を削減することが出来ます。また動画や音楽ストリーミングアプリにも有効です。 混雑した駅や空港での乗り換え時にこそ Opera Max をオンにしてください。通信を安全に保つだけでなく、通信量も抑えるので、結果として混雑していて速度の出ない公共 Wi-Fi がスムーズになりストレスが減らせます。 混雑した Wi-Fi ネットワークにつないでいる人が全員 Opera Max を使っていたら、もっと多くの人がスムーズに利用出来るでしょう。先ずはあなたから 🙂 アプリを高速に SPDY...

» Read more