Windows 10 用ブラウザの選択肢

Windows 10 代わりのブラウザ Opera

多くの方が待っていた Windows 10 が 190 ヶ国で公開となりました。Windows 7、Windows 8.1 と Windows Phone 8.1 を使用しているユーザにアップデートが提供されます。Windows 10 にはデスクトップからタブレット・ビューへの切り替えを始めとする新機能が搭載されています。 Windows 10 にはインターネットエクスプローラーとマイクロソフト・エッジという 2 つのブラウザが付属していますが、他の選択肢をお探しかも知れません。 Opera は高速で安全なブラウジングのために別の選択肢を提供いたします。Opera 30 は既に Windows 10 に対応しており、Opera 31 は更に多くの新機能を備え、Windows、Mac、Linux 向けに間もなくリリースされる予定です。 スピードダイヤルを使ってお好みのサイトに素早くアクセス スピードダイヤルはあなたのブラウジング体験をカスタムする素晴らしい手段です。スピードダイヤルには好きなだけ登録が出来、Opera ブラウザを立ち上げると直ちにお好みのサイトへ素早くアクセス出来ます。テーマを変更して背景画像を好みのものに変えたりファルダを作成するカスタムも簡単です。 拡張機能を追加してより快適に 拡張機能(エクステンション)をスピードダイヤルに追加して活用することも出来ます。Opera が提供するエクステンションのカタログをご覧下さい。 天気やニュース、写真などをスピードダイヤルに表示してくれる拡張機能が用意されています。 他のデバイスと同期しよう お使いのコンピュータ以外でも Opera をお使いになっておられるなら、全てをつなげる同期機能を活用して下さい。ブックマークを同期すれば、コンピュータ、タブレット、スマホ、どこからでも登録してたブックマークにアクセス出来ます。更に、タブやスピードダイヤルも同期出来ます。この機能を使うには、Opera アカウントにサインインするだけ。アカウントを未だお持ちでなかったら簡単に作成出来ます。 Windows 10 へのアップグレードをお考えでしたら、コンピュータ用 Opera を是非、お試し下さり、使い心地を日本語 Facebook アカウントか日本語 Twitter アカウントで教えて下さい。

» Read more

安全にウェブでお買い物

Operaで安全にお買い物

インターネットの普及によって、お買い物のやり方が大きく変わってきています。便利な反面、毎週の様にセキュリティ問題を耳にすると、ウェブでお買い物して大丈夫なのかなと感じる方も居られるでしょう。 実は私も Windows 95 が出た頃ですから 20 年近く前だったでしょうか、オンラインの書店が割安なので注文しようという段になって、クレジットカードの番号を入れるのが怖くなり、止めたことを覚えています。結局その時はウェブで在庫を確認して、それまで通り注文書を郵送しました。 それは、知識の不足に基づく不安でしたが、現在でも正しい知識と運用が大切であることには変わりありません。 ここでは、安全で快適にオンラインショッピングを楽しむために、最低限知っておくべきことをまとめてみます。 お使いの環境を最新に Windows、Mac であれ Android でも iOS でも、常に最新のアップデートが当てられてることが大前提になります。Windows Update の度に再起動させられるのが面倒だからと、自動更新を切ってしまうのは論外です。 デスクトップ環境では未だ Flash が多用されていますから、Flash のプラグインも常に最新であることをチェックしましょう。 – Flash のバージョンが最新かをチェックする Adobe のページ 更新日の決まっている Windows Update と違って、Flash はセキュリティ問題が発覚すると緊急アップデートが行われることが良くあります。そうした情報を伝えてくれる IT 関係のニュースをチェックすると共に、上記のページで確認することも忘れずに。 Microsoft や Apple からサポートが打ち切られた OS、たとえば Windows XP でネットにつなぐのは「自己責任」とはいえ、普通の人には危険過ぎます。決してお勧め出来ません。 二重の備え Opera を始め、現代のウェブブラウザの多くは、本物のショッピングサイトや金融機関を装った、いわゆるフィッシングサイトに対して危険であることをユーザに知らせてアクセスを制限する機能が付いています。 その上に、WOT (Web Of Trust) のような拡張機能をインストールしておけば、二重の備えとなります。 確かな方法で店へ行く 良く言われることですが、デスクトップ・コンピュータ用ブラウザではウェブサイトの URL、アドレスを表示しますので、ここにも注目して下さい。 といっても悪賢い人は本物に似せたアドレスを使っている場合もあります。信用出来るブックマークやスピードダイヤルからだけ、ショッピングサイトを開くというのも一つの手です。 最も危ないのは、メールで送られてきた案内に張ってあるリンクからショッピングサイトや銀行のページを開くことです。もしそのメールが差出人を装ったもので、開いたリンク先が本物と良く似たものだったら、見分けられない人の方が多いでしょう。...

» Read more

キーボードを活用する拡張機能

Operaのキーボードショートカットを拡張カスタム

Opera のキーボードショートカットは設定からカスタム可能ですが、拡張機能をインストールすることによって設定からは追加出来ない機能を Opera に加えることが可能です。 Shortkeys 拡張 Shortkeys は私が毎日の Opera 利用において、最も頻繁にその恩恵にあずかっている拡張機能です。 この拡張機能の特徴の第一は、Ctrl キーや Shift キーだけでなく通常のキーの組み合わせをショートカットに割り振ることの出来る点にあります。上掲の私の設定例では、f キーを押して放した後に d キーを押すと画面の最上部までスクロールさせるようになっています。 これは長い文章を読んだり、ツイッターのタイムラインを読み進んだ後で、画面上部まで戻る際に活躍します。 また f も d も左手のホームポジションにありますから、手を動かさず、指を押し下げるだけで操作出来ることが利点です。 同様にして、f と s では画面最下部へ移動し、f を二度押すとページの再読み込みをさせられます。これは使ってみると分かりますが、便利で手放せなくなるはずです。 更に Shift キーと組み合わせて、Shift + f に最後に閉じたタブを開くを Opera 本体の設定から以下のように追加しておくと便利でしょう。これはデフォルトの Ctrl + Shft + T が私にとっては片手で押しにくい不便なキー配置だったからです。これなら左手だけで操作可能ですので、この変更によって私の満足度は大変上がりました。 この設定は私にとって最も気に入ったカスタムですが、カスタムというものは人それぞれです。キーの割り当ては一例に過ぎません。自分にとって一番合うキーを探してみて下さい。 Opera 情報はこちら Opera に関する日本語での最新情報は、Opera Japan 公式 Twitter アカウント あるいは公式日本語 Facebook アカウントをチェックしてお見逃しなく。

» Read more

Opera Max に除外アプリ設定が

ご要望にお答えしました:Opera Max があなたの希望する機能を追加しました 手短に言えば、Opera Max に寄せられた要望の第一番目、アプリごとの最適化除外指定が可能となりました。他にもインターフェースのマテリアルデザイン化、モバイルと Wi-Fi を併せた圧縮量の表示などが今回のアップデートに含まれます。 私たち Opera はあなたからのフィードバックを歓迎しています。それが私たちの技術革新、創造性、成長を後押ししてくれます。それゆえ、新機能の要望に常に耳を傾けているのです。 本日公開となった新しい Opera Max には私たちのユーザから要望のあった数々の新機能、改良された機能が搭載されています。新しい Opera Max をチェックして感想をお聞かせください。 アプリのマネージメント 個別のデータ最適化設定を活用し、データをこれまで以上にコントロールしましょう。Wi-Fi とモバイル通信で別々の節約度合いを設定出来るようになりました。 今回、両方のデータ消費を合わせて表示する表示モードを新設しました。これにより Opera Max を使っている間にトータルでどれだけデータを使い、節約したかを確認することが容易になりました。 またアプリのブロックを設定する画面に、新たに最適化のオンオフを設定するタブを設けました。ここから指定したアプリを Opera Max のデータ最適化を通さないで通信させることが可能となり、きめ細やかにアプリのデータ消費量をコントロールすることが出来ます。 美しく機能的なデザイン あなたのユーザ体験を切れ目ないものとするため、私たちは Opera Max の見栄えと使い心地をよどみないものとすることに注力しました。Opera Max のデータ節約量表示カードを Google ネイティブのマテリアルデザインにしました。これによりモバイルと Wi-Fi どちらのタイムラインを開いているか一目で分かるようになりました。 また特定のアプリをモバイル、Wi-Fi ごとに節約のオンオフを設定するトグルスイッチを設けました。タイムラインに表示されるアプリのカードをタップすると、そのアプリに対する設定の詳細を表示出来ます。アプリをブロックするウィジェットも新しくなりました。 また中国語への翻訳に関する問題も修正されています。 未だお試しになられていませんでしたら、Opera Max をダウンロードしてチェックしここか Facebook あるいは Twitter で感想をお聞かせ下さい。私たちは常にあなたからのフィードバックに耳を傾けています。

» Read more

夏の話題

梅雨が明け、本格的な夏がやって来ました。ここ一週間で目についた様々な話題から幾つかを取り上げてお届けします。 夏のお出掛けに Opera Max 以前のエントリから、夏の旅行に欠かせないアプリということで、Opera Max を再度。 単に Android の端末の通信量全体を減らすだけでなく、更新不要なアプリの通信をブロックし、更には Wi-Fi 接続時にもデータを最適化してくれる Opera Max。旅に必携のアプリです。 この blog ポストが出て程なくして、もう一つ、うれしい機能が追加される予定です。何が追加されるか今から楽しみですね。 スマホから固定電話へ無料通話 夏のお出掛けに限りませんが、Viber が他のチャットアプリに比べて圧倒的に便利なことをご存知ですか。Viber はチャットのアプリですが、固定電話への通話無料キャンペーン中です。キャンペーンの終了期限は今のところ未定。 もう一つのモバイル OS Opera は モバイルでは Android と iOS の他に Windows Phone 用にもブラウザを提供していますが、その他に Tizen 用にも Opera Mini を出しています。 腕時計型 Gear S は日本でも入手可能ですが、海外では通常のスマホとして Z1 があり更に Z3 という端末が出るそうです。 どの OS でも同じですが、あれこれするのに全て専用アプリを入れていたらきりがありません。このビデオは核心を突いていると思いませんか。 モバイル広告 広告の世界で、今一番熱いのはモバイル広告です。Opera のモバイル広告プラットフォーム、Opera Mediaworks が先週、その名も Opera...

» Read more

自分用テーマを設定しよう

Opera のスピードダイヤルの背景画像はテーマと呼ばれ、既成のものが沢山用意されています。 これは以前にもここで紹介いたしましたので、今回はそこにはない自分専用のテーマを設定する方法を解説いたします。 テーマを作成する まず第一に、ある程度の大きさの画像を用意します。余り小さいとスピードダイヤルの背景にした時に見栄えが良くありません。 次に、スピードダイヤルを開いて、空白で右クリックしコンテキストメニューから テーマを変更 を開きます。 画面左側のメニューから テーマを作成する を開きます。 適当な名前を付けて、探してきた画像を選択すると、画面中央にプレビューが出ます。 背景画像の表示位置を調整、使われる文字の色、テキストシャドウの有無を指定して完成。イメージが違ったら作り直すのも簡単ですね。 毎日、幾度も目にする画面ですから、自分の気に入った画像を出してはいかがでしょうか。 Opera 情報はこちら Opera に関する日本語での最新情報は、Opera Japan 公式 Twitter アカウント あるいは公式日本語 Facebook アカウントをチェックしてお見逃しなく。

» Read more

Opera Max でどのアプリが最も使われているか

日本の多くの方々に Opera Max をお使い頂き、多少なりともユーザの皆さんのお役に立てていることを知ることは、私たち Opera の者にとって何にも増してうれしいことです。 プライバシー・ポリシー Opera Max はユーザによる許可の下、Opera のサーバで Android 端末上のアプリが行なう通信データを最適化しデータを節約します。その際、個々のユーザを特定するようなデータはもちろん取得したり保存したりはしませんが、公開されているプライバシー・ポリシーに基づき、処理するデータの量、種別等などをサービスの向上のために記録しています。 これは Opera Mini においても同様で、匿名化されたマクロとしてのデータを基に、モバイルに関するレポートを作成し公表してきました。 現在 smw レポートはオペレータ向け operasoftware blog の中で使われています。 日本のユーザはどのアプリを最も使っているのか 日本のユーザがどのアプリを最も頻繁に使っているかを紹介します。 第一位は Google 検索。何のひねりもなくて申し訳ありませんが、検索が最も頻繁に使われています。 第二位は YouTube 以下、Android マーケット、LINE、Google マップの順で、Google トークや Facebook、Twitter そしてキャリアメールなどが続きます。 通信データの量では、ウェブブラウザが第一位で、スマートニュース、Yahoo!Japan アプリ、LINE、Facebook と続きます。特にスマートニュースと Y!Jアプリは利用者数に対するデータ量の大きさが目立ちます。 ユーザの声に耳を傾け 日本の Opera Max ユーザからの要望は、確実に Opera Max の開発に影響を与えています。 何も手を着けていないのに実装の予定があります!等と言う期待だけを抱かせる空しい約束ではなく、Opera Max ユーザから寄せられた要望の内の第一位と第二位に対する回答をもう直ぐお見せすることが出来る日を今から楽しみにしています。

» Read more