Opera Mini 更新ガイド

Opera Mini for Android how to

日本時間の昨日、Android 2.3 以降用に Android ネイティブの UI を備えた新しい Opera Mini が公開されました。Opera Mini は全世界で 1 億 3000 万人以上のユーザに使われているモバイル用ブラウザです。 ここではお使いの Opera Mini をスムースに最新版にする際の良くある質問と答えをまとめてみました。 Opera Mini を更新する方法 最新の Opera Mini は Google Play ストアで入手出来ます。 お急ぎでなかったら、普通にブラウザを使っていると更新通知が出てきます。これが最も簡単な更新方法です。 これまでのデータはどこに あなたがこれまでで最新の Opera Mini(7.6) をお使いでしたら、あなたのすべてのデータは最新の Opera Mini 8 に自動で引き継がれます。これで解決。 バージョンを確認するには、設定メニューを一番下までスクロールします。古いバージョンの Opera Mini から一気に今回の Opera Mini 8 に更新するとこれまでの設定が失われたかのような危険性が生じます。心配な方はバージョンのチェックを。 うっかり古いバージョンから更新してしまった場合 その場合でも、心配する必要はありません。データは失われてはいません。復旧するためには、デバイスの Google Play アプリへ行き、インストールしてあるアプリの一覧をタップします。 最新版を入れた後でも、そこからこれまでの Opera...

» Read more

Opera Mini の 10 年

Opera Mini 10 years

今年は Opera Mini の 10 周年に当たります。過去 10 年間、Opera Mini は世界のモバイル技術と共に進化を重ねてきました。時間をさかのぼる前に、最新の Opera Mini がどのように進化を遂げたのか確認してみましょう。 Android 用 Opera Mini をご紹介します。 最新の Android 用 Opera Mini は、Android の外見と操作性にネイティブに対応しました。アプリのスタートページにあるビジュアル・スピードダイヤルによって、ブックマークの管理は容易に行え、よく使うページへのショートカットを置くことが出来ます。もちろん従来通り Opera の圧縮技術によって、データ節約もなされます。 2005 年 : 最初の Opera Mini 私たちはあらゆるデバイスでインターネットを可能にするというビジョンを掲げていましたが、10 年前、多くの人々はそれを夢物語だと思っていました。 何でそれが難しかったのか、疑問に思われるでしょう。当時、携帯電話には 10 以上の異なった OS がありました。携帯電話会社はそれぞれコンテンツを画面にどう表示するかについて異なった考えを持っていました。日本で言うと i-mode の時代です。そんな時代に私たちはモバイル機器上での簡略化されないインターネット体験という夢の実現に取り組んだのでした。 スマホ以前のモバイルインターネット 覚えていますか。スマホの登場以前には、いわゆる “フューチャーフォン” の時代がありました。それらは多種多様でしたが共通点として Java アプリを動かすことが出来ました。そうした携帯電話上で動作する Opera Mini が 2005 年に登場し、携帯電話ユーザにフル・ウェブを提供し、世界中の人々にそれまでパソコンが無ければ不可能であったインターネットへのアクセスの道を開いたのです。世界的に見ると、携帯電話にとって Opera Mini...

» Read more

Facebook に 1000 万の Opera ファン

沢山のいいねをありがとう

巨大画面に投稿 私達 Opera の人間は大変感激しています。Facebook の友達つながり「いいね!」が何と 1000 万を超えたからです。何百万もの人たちに私達の活動を気に入ってもらい、親指を立ててストーリーを共有したり、フィードバックをくださり私達がより良くなるよう応援して下さるとは、大変恵まれています – 実生活での本当の友達のように。 友達にはお返しをするのが当然 – 大きな画面をお使い下さい 友達というのはお返しをくれるもの。私達もそうしたいと考えました。3 日間、シアトル、ムンバイ、ジャカルタの街角にある大きな掲示板にあなたのメッセージを出せるようにします。その掲示板は 3 つの街の何万もの人達の目に触れることになります。愛やお祝いのメッセージ、あなた方の自撮り写真が実際の掲示板に出るのです。わくわくしませんか。 なぜ、巨大画面なの 私達は、人間がずっとしてきたこと、話を壁に書いて共有すること、をしたかったのです。われわれは石器時代の昔から、古代ギリシアからローマ帝国の時代、そして近代に至るまで、メッセージを文字にして刻んできました。近年、物理的な壁はデジタルなものに代わりましたが、大事なことを表現する意味は変わってはいません。 私達 Opera は、様々な場所、方法で、人々にインターネットへのアクセスを提供してきましたが、すべての人が実際の壁に書き込むことは出来ていません。それをやってみるのは楽しいのではないかと考えました。 誰か友達に愛のメッセージを伝えたり、お祝いを言ったり、自撮り写真を公開してみませんか。 1000 万、ありがとう!

» Read more

Opera developer 30 tab-cycling

バージョンナンバーが 30 になった Opera developer ストリームは先月、一度目の更新を受けて旧来の Opera の機能のうちの一つがまた加わりました。すなわち、キーボードショートカットによるタブの移動を、タブを使用した順番にするというものです。 また同期機能をお使いであれば、タブメニューに他のデバイスのタブが最近閉じたタブ・ウィンドウと共に表示されることに気付かれるでしょう。 真のタブ・サイクラー タブのこの移動順序が当初搭載されなかったのは、理解してお使い頂いていた方には便利だったものの、他の多くの方々から意図しない動きをする、やっぱり Opera は使いにくいという御指摘を受けることがあったからです。 そこで Opera 15 からは、タブの並んでいる順、見た目通りにタブの切り替えを行うよう、他のブラウザに揃えました。 その後 Opera 24 でタブのプレビュー、Opera 27 でタブメニューを実装しました。 それらの革新的機能の上に、今回は強力なタブ・サイクラーを追加しました。マウスでタブメニューを開くと従来通りにタブの並んでいる順、見た目通りに開いているタブが表示されています。マウスでフォーカスを移すとタブプレビューが大きく表示されるのも従来通りです。 ここにキーボードショートカットを駆使するパワーユーザの方向けの選択肢が加わりました。 Ctrl + 1 と Ctrl + 2 はそれぞれ右、左へタブが並んでいる順に移動しますが、Ctrl + Tab と Ctrl + Shift +Tab はタブを使用した順、およびその逆にフォーカスが移動します。 その際、タブメニューに表示されるタブの並び順は、タブを使用した順になります。これでたまたまそのショートカットを他のブラウザのつもりで押してしまった Opera に馴染んでいない方に生じる混乱の可能性は低く抑えられることになります。 上掲のスクリーンショットを注意深くご覧になって下さい。 タブの並び順とタブメニューに表示されている順番の違いに気付かれるでしょう。タブメニューにはタブを使用した順番になっています。 また我々としてはこの仕様は非常に便利であると確信していますが、どうしても馴染めないという方は、設定画面から「タブを最近使用した順番で循環する」のチェックを外して無効化することも出来ます。 タブメニューの進化 タブメニューそれ自体にも新しい項目が追加されました。最近閉じたタブ・ウィンドウと同期によって取り込まれた別のデバイスです。最近閉じた方はこれまでメニューの奥、かつての Opera では独立したボタンにありましたが、Opera 30 ではタブメニューに統合されて機能と見た目の両立をはかっています。 これまでの Opera...

» Read more

いたるところにイースターエッグ

日本でも近頃はポピュラーになったイースターですが Opera のヨーロッパのオフィスではあちこちに卵が飾られています。それらの卵を見つけるのもイースターのお楽しみの一つなんです。 ブラウザのイースターエッグ Opera にはこれとはちょっと違った種類の卵がやって来ます。ブラウザのイースターエッグ、つまり開発者がブラウザにこっそりと忍び込ませる類のちょっとしたジョーク機能です。以前にも類似のアイディアを実装したことがありますが、今回新しいアイディアをいくつか思案中です。 そのうちの幾つかをご紹介いたします。アドレスと検索の統合されたバーに |> と打ち込むと、YouTube にリダイレクトされるとか、[o] と打つと Instagram が開くといったものです。 あなたのアイディアを待っています 今年はコンピュータ用 Opera のウェブサイトに関するショートカットのアイディアを募集します。あなたの素晴らしいアイディアをぜひともお寄せください。 面白いウェブサイトに関するショートカットのアイディアが浮かんだ方は、easteregg@opera.com までメールをお送りください。 優れたアイディアの幾つかは将来のバージョンの Opera に採用させて頂きます。採用させて頂いた方にはささやかな感謝のしるしを送らせて頂きます。 イースターはもうすぐですから、急いでアイディアを考え出して提案を送りください。締め切りは 4 月 10 日といたします。 Terms and Conditions By participating in the Easter Egg Campaign and providing text, files, images, code, materials, or other information or content (“Content”), You hereby grant to Opera...

» Read more

Windows Phone 用 Opera Mini ベータ再来

より広いブラウザ選択を望む声にお応えして Windows Phone 用 Opera Mini ベータを昨年発表いたしました。 Windows Phone ユーザからベータ版ブラウザは歓迎を受けましたが、一方で多くの改良を必要としていたことも耳にしました。そうした要望に応えるべく開発体制を一新し、Windows Phone にふさわしい全く新しいブラウザをここにお見せすることとなりました。 Opera Mini ベータはあなたのためにイメチェンしました Windows Phone の真のネイティブアプリに相応しく、Opera Mini ベータは Modern UI に適合したユーザインターフェースを身にまとい、他の諸機能と相まってブラウジング体験をより楽しめるものとしました。 しかしこれはほんの始まりに過ぎません。あなたからのリクエストがまだまだあることを我々は知っていますし、それらに常に耳を傾けています。これからも是非ともフィードバックをお寄せ下さい。ご要望をお寄せいただくにはフォーラム、あるいはツイッターいずれも直接開発者の目に付くよう、英語でお願い申し上げます。 ユーザの皆さんからのフィードバックによって、より良い製品を作り上げ、デフォルトブラウザとして使っていただけるものと確信しています。 Modern UI の他にも 一定期間内にどれだけデータを節約したか、一日、一週間、一ヶ月単位で表示出来ます。これには Windows Phone 用 Opera Mini 独自の表示法を採用しています。是非チェックして下さい。 ダウンロードマネージャを改良し、ダウンロードに関する自由度が上がりました。 ページのプレビュー表示によってタブの整理が容易になりました。 ナビゲーションを画面下部の統合ボタンから操れるようにし戻る操作が楽になりました。 アドレス欄と検索欄を統合しました。スピードダイヤル、履歴、ブックマークに対して自動補完が行われます。 アドレス/検索欄脇の + ボタンによって簡単にスピードダイヤル、ブックマークへの登録が出来ます。 またこのベータ版では、日本語表示に関する不具合があります。現在検討中ですので既知の問題としてご承知おき下さい。 これらの諸機能は未だベータ版としてのテスト中ですので、不具合が生じる恐れがあります。より良い最終版のためにも、あなたからのフィードバックが重要となってきます。よろしくお願い致します。 これまでベータ版をお使いいただきテストして下さった方々に、チームから御礼申し上げます。このブラウザをあなた方に捧げます。 本日、ヨーロッパ中央時間午前 7時に 7 つのバグを修正したビルドが公開となりました。

» Read more

Opera beta が 29 に

先週末に Opera developer 29 が beta になりました。29 の新機能については既に幾度か解説してきましたので繰り返しませんが、拡張機能をサイドバーで開く (opera://flags/#extension-sidebar) だけはデフォルトで無効となっていますので、引き続き developer ストリームで開発が続行される予定となります。 当該機能をベータで試すには opera:flag から有効にする必要がありますが、拡張機能作者の方々は、そう遠くないうちに公開されるであろう Opera developer 30 でテストをお願いします。 Opera 29 解説 1 Opera 29 解説 2 Opera 29 解説 3 Opera 29 に入る予定の新機能一覧 スピードダイヤルの同期 複数デバイス上で開いたタブの同期と一覧表示 キーボードショートカットのカスタム リンク上のマウスジェスチャ 音の通知アイコン 履歴ページの改良 共有ダイアログの改良 画像のセンタリング表示 そしてもちろん一層のスピードアップと安定性の向上 これからも Opera にご注目ください。

» Read more