Opera 29 リリース

Opera 29

同じタブにコンピュータと Android スマートフォンからアクセス 私たちのモバイルチームとデスクトップチームが協力し合う最高の機会がやって来ました。 Opera 29 を本日リリースしたことにより、コンピュータ用 Opera 29 と Android 用の最新の Opera との間でタブの同期が可能となりました。 ラップトップからであれ、スマートフォンからであれ、開いている同じタブをどちらからでも利用することが出来ます。出掛けなければならない時にお気に入りのウェブサイトの読みかけの文章を引き続き手に出来るわけです。 同期させるには 開いているタブを同期させ複数のデバイスで参照するには、アドレスバー脇のプロファイルアイコンを開き Opera のアカウントを新規作成するか既存のアカウントにサインインします。これで一新されたスタートページのタブボタンから他のデバイスで開いているタブの一覧を見ることが出来ます。 同期が完了してデータが出揃うまで少し経ってからスピードダイヤルを開いて下さい。画面下のボタンからブックマークを選び左側のメニューから同期したスピードダイヤルを確認して下さい。 複数のデバイスのスピードダイヤルを自由に操作出来るのがお分かりいただけるでしょう。 重要なことのための小さな改良 最近私たちが幾つかの国で調査を行った結果、多くの人々が様々なデバイスでブラウジングを行っている一方で、重要な事柄、すなわち仕事に関すること、調査、オンラインバンキング、eコマースといったことには、デスクトップコンピュータが広く用いられていると判明しました。 重要なこと* をするには、生産性の高いブラウザが必要になります。 それゆえ、 Opera 29 には多くの生産性を高める改良が施されました。非常に重要なものもあれば、ちょっとしたアイディアもありますが、いずれもが「もっと多く」のためなのです: ・キーボードショートカットをお好みに応じてカスタマイズ出来ます。 ・ブラウジング中にどこかのタブから音が出てきて驚く心配はありません。音の通知アイコンがそのタブを教えてくれます。 ・他にも、リンク上でのマウスジェスチャ、画像のセンタリング表示、スタートページに履歴を表示などの生産性を高める改良が用意されています。 * もちろん「重要なこと」にはゲームや娯楽も含まれます。私たちは遊びも真剣に追求するからです。

» Read more

Android 用 Opera 29 リリース

Opera 29 for Android

テストの準備完了?ターボがエンジンに装着 本日、Android 用の最新の Opera がリリースされました。幾つもの新機能が加わりましたので皆さんとシェアしたいと思います。 Opera Turbo 先ず第一に、オフロードモードの切り替えが Turbo モードに入れ替わりました。想像がつくと思いますが、この機能は私たちの Turbo サーバ群によって運用されることになります。 これは何を意味するのか 簡単に言えば、対立する二つの良いとこ取りが実現するということです。データを節約しつつもサイトのレイアウトは崩れない、誰もが望む理想型です。 これまでの Android 用 Opera でオフロードモードを選択すると、Mini のサーバでデータ圧縮と描画が行われ、ブラウザに送られていました。データ圧縮率が高いという点では素晴らしかったのですが、設計上の制限によって複雑な JavaScript に対応せず、時としてレイアウトが崩れたりサービスが動かないといった相互運用性の問題が生じていました。 新しい Turbo モードでは (HTTPS 以外の)ページのコンテンツをこれまで通り出来る限り Opera の Turbo サーバで (以前よりスマートで高速に) 圧縮していますが、ページの描画はお手許のブラウザで行われます。これによって相互運用性の問題は生ぜず、インタラクティブで複雑な、アニメーションを含むようなページも期待通りに動作します。そうしたことは貴重なデータを節約しながら行われるのです。 更に、私たちは以前より効率的にキャッシュを活用するようにしました – どうしても必要な場合にのみデータを取得します – これは Opera Mini の技術によるオフロードモードでは不可能なことです。 タブの同期 Android 用 Opera は他の Opera とタブの同期を行えます。タブ切り替え脇の画面左下にあるコンピュータに矢印の付いたアイコンをクリックするだけで、お使いの他の Opera で現在、そして過去に開いていたタブの一覧を参照出来ます。 自動テキスト折り返し モバイルに最適化されていないサイトで、長い行の文章を読む時、右へ左へと幾度も画面をスクロールさせるのに疲れた経験がありませんか。今回のリリースで私たちはテキストの折り返し表示(text-wrap) のオプションを初期設定でオンにしました。長い文章が画面の横幅に自動的に収まるようになり、ずっと読みやすくなるでしょう。 まとめ 以上です!Google...

» Read more

写真コンテストに参加して Galaxy S6 を当てよう

Thumbnail

Opera Mini を使ってあなたがどこで自撮り写真を撮ったか見せてください。賞品として最新の Galaxy S6 を用意しています。 もちろん日本からの参加者にも受賞のチャンスがあります。応募サイトは英語ですが、それほど難しくないので是非ともご応募下さい。 応募方法 ステップ 1; 面白い場所で、面白い人と一緒に、あるいはお一人でももちろん OK。自撮り写真を撮影します。 ステップ 2; opr.as/selfie を開きます。 ステップ 3; Your name… にアルファベットでお名前を入力し、ファイルを選択で撮った写真を選びます。 ステップ 4; Next をタップし、Opera Mini を使った場所をこれまたアルファベットでお願いします。E メールアドレスを入力して Submit(送信) をタップするだけ。 応募期間は 4/22 から 5/4 月曜日までです。 幸運を祈る。

» Read more

Opera Mini 更新ガイド

日本時間の昨日、Android 2.3 以降用に Android ネイティブの UI を備えた新しい Opera Mini が公開されました。Opera Mini は全世界で 1 億 3000 万人以上のユーザに使われているモバイル用ブラウザです。 ここではお使いの Opera Mini をスムースに最新版にする際の良くある質問と答えをまとめてみました。 Opera Mini を更新する方法 最新の Opera Mini は Google Play ストアで入手出来ます。 お急ぎでなかったら、普通にブラウザを使っていると更新通知が出てきます。これが最も簡単な更新方法です。 これまでのデータはどこに あなたがこれまでで最新の Opera Mini(7.6) をお使いでしたら、あなたのすべてのデータは最新の Opera Mini 8 に自動で引き継がれます。これで解決。 バージョンを確認するには、設定メニューを一番下までスクロールします。古いバージョンの Opera Mini から一気に今回の Opera Mini 8 に更新するとこれまでの設定が失われたかのような危険性が生じます。心配な方はバージョンのチェックを。 うっかり古いバージョンから更新してしまった場合 その場合でも、心配する必要はありません。データは失われてはいません。復旧するためには、デバイスの Google Play アプリへ行き、インストールしてあるアプリの一覧をタップします。 最新版を入れた後でも、そこからこれまでの Opera...

» Read more

Opera Mini の 10 年

今年は Opera Mini の 10 周年に当たります。過去 10 年間、Opera Mini は世界のモバイル技術と共に進化を重ねてきました。時間をさかのぼる前に、最新の Opera Mini がどのように進化を遂げたのか確認してみましょう。 Android 用 Opera Mini をご紹介します。 最新の Android 用 Opera Mini は、Android の外見と操作性にネイティブに対応しました。アプリのスタートページにあるビジュアル・スピードダイヤルによって、ブックマークの管理は容易に行え、よく使うページへのショートカットを置くことが出来ます。もちろん従来通り Opera の圧縮技術によって、データ節約もなされます。 2005 年 : 最初の Opera Mini 私たちはあらゆるデバイスでインターネットを可能にするというビジョンを掲げていましたが、10 年前、多くの人々はそれを夢物語だと思っていました。 何でそれが難しかったのか、疑問に思われるでしょう。当時、携帯電話には 10 以上の異なった OS がありました。携帯電話会社はそれぞれコンテンツを画面にどう表示するかについて異なった考えを持っていました。日本で言うと i-mode の時代です。そんな時代に私たちはモバイル機器上での簡略化されないインターネット体験という夢の実現に取り組んだのでした。 スマホ以前のモバイルインターネット 覚えていますか。スマホの登場以前には、いわゆる “フューチャーフォン” の時代がありました。それらは多種多様でしたが共通点として Java アプリを動かすことが出来ました。そうした携帯電話上で動作する Opera Mini が 2005 年に登場し、携帯電話ユーザにフル・ウェブを提供し、世界中の人々にそれまでパソコンが無ければ不可能であったインターネットへのアクセスの道を開いたのです。世界的に見ると、携帯電話にとって Opera Mini...

» Read more

Facebook に 1000 万の Opera ファン

巨大画面に投稿 私達 Opera の人間は大変感激しています。Facebook の友達つながり「いいね!」が何と 1000 万を超えたからです。何百万もの人たちに私達の活動を気に入ってもらい、親指を立ててストーリーを共有したり、フィードバックをくださり私達がより良くなるよう応援して下さるとは、大変恵まれています – 実生活での本当の友達のように。 友達にはお返しをするのが当然 – 大きな画面をお使い下さい 友達というのはお返しをくれるもの。私達もそうしたいと考えました。3 日間、シアトル、ムンバイ、ジャカルタの街角にある大きな掲示板にあなたのメッセージを出せるようにします。その掲示板は 3 つの街の何万もの人達の目に触れることになります。愛やお祝いのメッセージ、あなた方の自撮り写真が実際の掲示板に出るのです。わくわくしませんか。 なぜ、巨大画面なの 私達は、人間がずっとしてきたこと、話を壁に書いて共有すること、をしたかったのです。われわれは石器時代の昔から、古代ギリシアからローマ帝国の時代、そして近代に至るまで、メッセージを文字にして刻んできました。近年、物理的な壁はデジタルなものに代わりましたが、大事なことを表現する意味は変わってはいません。 私達 Opera は、様々な場所、方法で、人々にインターネットへのアクセスを提供してきましたが、すべての人が実際の壁に書き込むことは出来ていません。それをやってみるのは楽しいのではないかと考えました。 誰か友達に愛のメッセージを伝えたり、お祝いを言ったり、自撮り写真を公開してみませんか。 1000 万、ありがとう!

» Read more

Opera developer 30 tab-cycling

バージョンナンバーが 30 になった Opera developer ストリームは先月、一度目の更新を受けて旧来の Opera の機能のうちの一つがまた加わりました。すなわち、キーボードショートカットによるタブの移動を、タブを使用した順番にするというものです。 また同期機能をお使いであれば、タブメニューに他のデバイスのタブが最近閉じたタブ・ウィンドウと共に表示されることに気付かれるでしょう。 真のタブ・サイクラー タブのこの移動順序が当初搭載されなかったのは、理解してお使い頂いていた方には便利だったものの、他の多くの方々から意図しない動きをする、やっぱり Opera は使いにくいという御指摘を受けることがあったからです。 そこで Opera 15 からは、タブの並んでいる順、見た目通りにタブの切り替えを行うよう、他のブラウザに揃えました。 その後 Opera 24 でタブのプレビュー、Opera 27 でタブメニューを実装しました。 それらの革新的機能の上に、今回は強力なタブ・サイクラーを追加しました。マウスでタブメニューを開くと従来通りにタブの並んでいる順、見た目通りに開いているタブが表示されています。マウスでフォーカスを移すとタブプレビューが大きく表示されるのも従来通りです。 ここにキーボードショートカットを駆使するパワーユーザの方向けの選択肢が加わりました。 Ctrl + 1 と Ctrl + 2 はそれぞれ右、左へタブが並んでいる順に移動しますが、Ctrl + Tab と Ctrl + Shift +Tab はタブを使用した順、およびその逆にフォーカスが移動します。 その際、タブメニューに表示されるタブの並び順は、タブを使用した順になります。これでたまたまそのショートカットを他のブラウザのつもりで押してしまった Opera に馴染んでいない方に生じる混乱の可能性は低く抑えられることになります。 上掲のスクリーンショットを注意深くご覧になって下さい。 タブの並び順とタブメニューに表示されている順番の違いに気付かれるでしょう。タブメニューにはタブを使用した順番になっています。 また我々としてはこの仕様は非常に便利であると確信していますが、どうしても馴染めないという方は、設定画面から「タブを最近使用した順番で循環する」のチェックを外して無効化することも出来ます。 タブメニューの進化 タブメニューそれ自体にも新しい項目が追加されました。最近閉じたタブ・ウィンドウと同期によって取り込まれた別のデバイスです。最近閉じた方はこれまでメニューの奥、かつての Opera では独立したボタンにありましたが、Opera 30 ではタブメニューに統合されて機能と見た目の両立をはかっています。 これまでの Opera...

» Read more