Tag archive for: Opera for computers

デフォルトブラウザの指定方法

Opera を始めるのは簡単です。他のブラウザからの移行を簡単スムーズに出来るよう工夫がされています。これまでのブックマークを始めとする設定は自動的に読み込まれます。 Windows 10 を除くすべての Windows では、標準のインストールをすると Opera は自動的にデフォルトブラウザになります。後から主たるブラウザを変更したい場合には幾つかの方法があります。 ・テストなどの目的で Opera をデフォルトブラウザにせずに通常の場所にインストールしたい時には、インストーラーのオプションを開いて変更してからインストールを実行して下さい。これは他のブラウザでも同様で、Opera だけが勝手にデフォルトブラウザになるわけではありません。 ・ブラウザに限らず、多くのアプリケーションは、オプション等で指定しない限り Windows における関連付けを自分に結び付けます。そしてその結びつきを行わせないオプションが提供されています。説明を良く読まずに OK を連打する悪い習慣はやめましょう。 ブラウザの設定から これは最も直感的で簡単な方法です。Opera ではメインメニューから設定を開き、Opera を標準ブラウザに設定ボタンを押します。 もしあなたが Windows 8.1 をお使いでしたら、システムウィンドウにコンピュータにインストールされている全てのブラウザが列挙されていて、そこから一つを選択し標準ブラウザとします。 Windows の設定から ブラウザを含む標準アプリケーションをシステム設定から変更することが出来ます。 Windows 7 以前では スタートメニューから、コントロールパネルを開きます。続いてプログラム、既定のプログラム、既定のプログラムの設定と進みます。列挙されているアプリケーションから Opera を選択し、このプログラムを既定として設定するを選び OK で閉じます。 Windows 8 コントロールパネルは画面に直ぐに出て来ませんので、Windows ボタンを右クリックしてコントロールパネルを表示させ、既定のプログラム、既定のプログラムの設定と進みます。後はこれまでの Windows と同じ手順を踏みます。 Windows 10 この OS でデフォルトブラウザを変更するのは少し厄介です。しばらく前にWindows 10 ユーザのために別記事で解説しましたのでそちらを参照してください。 スピードダイヤルから 万一、Opera があなたのデフォルトブラウザでなかったとしたら、スピードダイヤルに表示が出るでしょう。そこから簡単に変更が出来ます。 まだ Opera...

» Read more
Opera developer 36 startpage

Opera デスクトップチームからも、あけましておめでとうございます。 2016 年、今年最初の developer ビルドです。Opera 36 developer については既に 2 度の記事で解説してきましたが、幾つかの新機能・デザインが形に成りつつあります。 スタートページのレイアウト変更 そうですスピードダイヤルのあるページにニュースが合体して「スタートページ」と公式に呼ぶことにしました。ナビゲーションパネルも下から左側に移動しています。そして developer 版をお使い頂く方にとっては関心の高いであろう、この「スタートページ」のカスタマイズは右上の歯車アイコンから開きます。 さらに踏み込んでカスタムされたい方は、flag から #personalized-news-start-page を有効にすることによって、表示させるニュースの種別をここの設定パネルから選択出来ます。 プリセットされたテーマも動画を含めて多彩で、きっとお気に入りが見つかると思います。 拡張のエクスパンダー 沢山の拡張をインストールしてボタンを並べて表示させたい方のために、ツールバーに収まり切らないボタンを表示させられるようにしました。これまでは拡張機能の管理画面まで行く必要がありましたね。 Windows 10 とタッチスクリーンに Opera の UI を適合 Windows 10 で Opera をお使いになられる方、特にタッチスクリーンを使われる方は、幾つかのインターフェースの改良に気付かれるでしょう。現在の所、それらは flag の #windows-10-skin に隠されていますが、該当ユーザの方は是非お試しください。 ブラウザのトップバーの色をシステムのものと Opera のものとから選択出来ます。 また、タッチスクリーンではアイコンが使いやすいものになっています。 フルスクリーンにするための追加アイコン。 そして、タッチスクリーンではコンテキストメニューも押しやすい大きさに。 ブックマークの重複を修正 ブックマークが重複、増大するバグの修正に目途がつきました。また性能向上もはかられています。 その他 既知のクラッシュバグ等をデスクトップチーム blog で確認し、最新版をお楽しみください。

» Read more
Opera をお使い下さい

本日、1 月 12 日で Microsoft は Internet Explorer 8, 9, 10 のサポートを停止します。これらのバージョンにバグが見つかっても修正されず、脆弱性は放置されることになります。 例外として Windows Vista SP2 と Windows Server 2008 SP2 をお使いの方は、Internet Explorer 9 を、Windows Server 2012 をお使いの方は Internet Explorer 10 を使えます。 これ以外のおよそ 3 億 4000 万の Internet Explorer 8, 9, 10 のユーザは安全なブラウザを利用するため、行動を起こさねばなりません。そこで私たちからご提案出来る選択肢を 3 つ挙げます。 Internet Explorer 11 にアップグレードする Internet Explorer 11 は Microsoft がサポートを続ける唯一のブラウザです。お使いのブラウザを...

» Read more
新年の誓い

皆様、あけましておめでとうございます。本年も Opera をどうぞよろしくお願いいたします 新たな年を迎えて気持ちも一新し、今年の誓いを立てようとされる方も多いでしょう。そこで役立つ幾つかのアプリをご紹介いたします。 お金の管理 いつもお金がないとぼやいていませんか。Mint のようなアプリを試してみてはどうでしょう。あなた専用のファイナンスアプリを使えば、残高や支払いをリアルタイムで管理出来ます。支払いの上限も設定出来ますので、赤字になる前に警告を出してくれます。グラフで見やすく表示もしますのでお金の流れを把握しやすくなります。 学校生活をしっかりする あなたが学生ですぐに宿題や授業の開始時間を忘れてしまうのなら Timetable を試す価値があります。このアプリによって宿題から試験まで、あなたのタイムラインやタスクを保存し、複数の Android 端末間で同期させることが出来ます。また講義中には着信音を消し、予定や授業前にはリマインダーを出してくれるので、もう約束に遅れることはなくなるでしょう。(Android アプリ) データ利用量を管理する 毎月、データプランの上限を超えてしまいませんか。どれだけデータを使ったか Opera Max で管理しましょう。このアプリはお使いのデータプランを最大 50% 拡大してくれるだけでなく、データ消費量の多いアプリをブロックして Wi-Fi 接続時にだけつながるようにもしてくれます。(Android アプリ) 健康的な食生活 健康的な食生活を送るには、家で食事を摂ってファストフードチェーンへ行くのを減らすことが一番です。もうお使いかもしれませんが cookpad でメニューを考える手助けにしてはどうでしょう。材料から作り方だけでなく、その入手先まで手助けしてくれます。 体型を保ちたい 休み明けにズボンやスカートがきつい。そんなことにならないためには、やはり運動する習慣を付けなければなりません。Fitocracy はエクササイズをソーシャルゲームにしてやる気を保ってくれます。フィットネスをするとポイントがもらえて友達と競争することも出来ます。競い合うとやる気が出る人にはお勧めです。

» Read more
Opera developer 36.0.2079.0

Opera デスクトップチームから今年最後のアップデートがあります。そこで今年を簡単に振り返ってみましょう。 トータルでビルドを 90 リリースしました ・・・そのうち 40 が developer ビルドでした ・・・stable は 21、ベータは 29 ありました developer ストリームのバージョンは 36 に(1 年前は 28 でした) バグを多数修正しましたが、新機能の導入に伴って新しいバグを生じさせ、またそれらを修正しました 多くの変更をしましたが、それらのうちの幾つかはコミュニティーの皆さんがバグ報告したりご意見をお寄せ頂いたりして助けて下さったおかげです。本当にありがとうございます。 話題を今回のアップデートに戻します。チェンジログを見て頂くとお分かりのように、多くの問題を修正しました。クラッシュバグ(ロシアの shion.ru というサイトでの問題)を修正し、幾つかの改良も盛り込まれています。また間もなくスピードダイヤルに関わる微調整を行う予定です – こちらについては 2016 年、最初の developer ビルドをお楽しみに。 このリリースに入っている注目すべき点について、少しだけ触れておきます。これは皆さんから寄せられた要望に基くものです。 同期ボタンを必要なときだけ表示する 現在、ほとんどの時間、同期ボタンは役に立っていません。同期機能を使っていないなら、バーの場所を占領するだけで全くの無駄です。そこで私たちは変更を決めました。実装は進行中ですので、何か問題があったならパニックにならず報告して下さい。 動作ルール: flag で #hide-sync-login-button を常に無効にしておくとボタンは常に表示されます 同期を使わない場合、flag を最初に有効にしてから 2 週間経つとボタンは非表示となります (ユーザの側では対処しようがない)ネットワーク障害で同期にエラーが生じ、ボタンが赤い表示になった時には非表示のままです 正常動作中でボタンが緑の時は非表示とします 同期へのログインポップアップが表示された時、またはポップアップが閉じられてから 10 秒間はボタンが表示されます それでは、developer ビルドで年末年始をお楽しみ下さい。良いお年をお迎え下さい。 Installation links: Opera...

» Read more

Opera 36 developer 最初のリリースについて Desktop team blog でブラジェが今後の計画を話していますので、ここに日本語にしてご紹介いたします。 Opera 36 のリリースサイクルでは以下の機能の改良が予定されています。 スピードダイヤル – 間もなく刷新されたよりエレガントで使いやすい改良を目にしていただけるでしょう。既に flag (opera://flags/?search=navi#web-ui-navigation-sidepanel) からナビゲーションパネルを左脇に置くことが出来ます。デザインの煮詰めやコンポーネントのオンオフは現在進行中です。ブックマークマネージャ切り替え時の白い点滅は既知の問題で、現在修正中です。 ニュース – 要望の多かったニュース機能のカスタマイズがやって来ます。良いものを作り上げようとした結果、思ったより時間が掛かってしまいましたが、ご期待下さい。また RSS feed をニュース経由で購読出来る機能も次のバージョンで対応します。 シンプルだがパワフルなインターフェース – 前項とは反するようですが、私たちは基本的にシンプルなインターフェースを好んでいます。それゆえ同期ボタンをツールバーから外そうと思います。しかし好みの応じてブラウザをカスタム出来る様にツールやオプションを用意いたします。 ツールバーにもっと拡張ボタン – これも長い間、要望の多かったものですが、このリリースサイクルでようやく表に出ます。多くの拡張をお使いの方にとっては朗報でしょう。 Windows 10 との親和性 – O35 サイクルでも取り組んでいるものですが、このサイクルで作業は完了し安定版に入ることでしょう。 同期エンジンの改良 – 同期サーバから切断されることが減り、サービスの安定性が向上します。 幾つかの秘密プロジェクト – 今は言えませんが、まだまだあります。お楽しみに。 これらの機能の全てが Opera 36 の正式版までに実装されるかどうかについて、現時点ではお約束出来ないことはお含みおき下さい。とはいえスピードダイヤルの変更については、次の developer リリースで来週にもお見せ出来ると思います。 先ずは Opera 36 developer をインストールして感想をお聞かせ下さい。 インストールのリンク Opera developer...

» Read more

本日、コンピュータ用 Opera 34 をリリースいたしました。Opera 34 では全世界でご愛用頂いております Opera Turbo を改良し、これまで以上に低速回線でのスピード向上、データの節約にお役立ていただけます。 Opera Turbo の新バージョン 次世代の Opera Turbo、Turbo 2 は喫茶店や学校、空港等の混雑した Wi-Fi で速度が出ない環境でも良好に動作します。お使いのスマートフォンが 3G ネットワークにつながっている時にテザリングさせ、そこからラップトップをネット接続させた場合、従来の Turbo と比較して 15% 高速に動作します。特に画像を多用したサイトを開いた時に、違いを感じていただけるでしょう。 また、空港の無料 Wi-Fi につないでいる時のように、データ使用量に制限がある場合には、Opera Turbo によってデータが最大で 70% 節約されることに気付かれるでしょう。これは従来の Opera Turbo と比較して 23% 節約量が向上したことになります。 Opera Turbo 2 では、サーバ側でのデータ圧縮アルゴリズムの改良が達成されました。これは Opera が長年培ってきたデータ圧縮技術の上に誕生したものです。これによって少しでもユーザの皆さんが便利になったと感じていただければエンジニアの苦労が報われます。 Opera 34 で便利になったこと これ以外に Opera 34 に導入された便利な機能についても触れなければなりません。 ディスカバーとして親しまれてきたニュース・フィード一覧表示は、より分かりやすい名前ニュースになりました。 ダウンロードのドロップダウン・ダイアログにキャンセルボタンが付き、そこからダウンロードの中止が出来ます。 ダウンロードが中断された後に Opera を再起動すると、ダウンロードを再開することが出来ます。...

» Read more