Tag archive for: how to use

オプション設定

Opera はアドオンで bookmark API をサポートしており、それを用いたアドオンも Opera 製のものが公開されています。試してみてお気に召しましたらご活用ください。 入手法 最も簡単な使い方を解説します。まず Opera 12 から最新の Opera へブックマークを移行することを想定します。 メニューから「エクステンション」を選んで開きます。ページ左側のメニュー一番下から「拡張機能をさらにインストールする」を選んでアドオンページを開きます。 右上の「アドオンを検索」に bookmark と入れて検索します。 表示された検索結果から Bookmark Manager を選びます。 画面右側のボタンからアドオンをインストールします。次に「拡張機能」のページを開き、オプションの一番下「ファイルの URL へのアクセスを許可する」のオプションをオンにします。 このオプションをオンにしないと、インポートが出来ませんので注意が必要です。 次に、Opera 12 を開き、メニュー > ブックマーク > ブックマークの編集を開きます。 画面上部のメニューから「ファイル」を開き、「HTML 形式でエクスポート」を実行します。適当な名前を付けて HTML ファイルとして保存します。Opera 12 は一旦閉じます。 アドレスバー右端に表示されているボタンを押し、「Manage and import」をクリックします。開いたページで「Import bookmarks」を開きます。 「ファイルを選択」で先ほどエクスポートしたファイルを指定します。インポートが終了すると、それ以降ボタンを押すと以下の様に、インポートしたブックマークが利用できます。

» Read more
ハイライトして検索

これは、Mobile Team blog に乗った英語記事の概要です。 最近私は iPhone, iPad 用に発表された新しい Opera Mini ブラウザが気に入っています。とにかく楽しいので。 他にはない幾つかの機能が特に際立っているので、私のお気に入りを紹介し参考にしていただきたいと思います。 1 – ハイライトして検索 タップするだけで検索が出来るんです。 検索したいテキストを選択したら、「検索」を選ぶだけ。読んでいる文章中の語句を検索するこの便利な機能をどんどん気にいるようになったのは、それが Opera にだけある特別なものだからです。 おかげで素早く検索が出来るようになりました。 2 – ページのスクロール とにかくスクロールが高速なんです。 一度スワイプするだけで、他のどのブラウザよりも素早くページをスクロールさせられます。縦に長いページのスクロールがすごく楽になりました。 3 – 検索エンジンの切り替え これこそクールな機能。 Opera Mini では検索エンジンの切り替えが簡単です。初期設定は Google ですが、他の検索エンジンへ切り替えるために特別に複雑なことをする必要はありません。 無料でダウンロード: iPhone、iPad 用 Opera Mini をダウンロード 動画をご覧ください: iPhone、iPad 用新 Opera Mini 4 – QR コードリーダー QR コードを使う人に役立ちます。 Opera Mini には QR コードリーダーが内蔵されています。リンクのシェアに...

» Read more
Opera ディレクトリ

Twitter の方でつぶやいたことですが、デスクトップで従来の Opera 12 をお使いの方が最新の Opera をインストールしていただきますと、新旧を並行してお使いいただくことが出来ます。 標準状態でインストールされている Opera 12 の上に、これまた標準状態で最新の Opera 22 をインストールすると次のようになります。これは Windows 7 の場合ですが、C:\Program Files (x86)\Opera を開いた様子です。 同一ディレクトリに Opera 12 を起動させる opera.exe と Opera 22 を起動させる launcher.exe が並存しています。自動アップデートを行った Opera では、このディレクトリ内に最近 2 バージョンのファイルを収めたフォルダを見ることも出来ます。 問題はプロファイルですが、Windows の標準状態では表示されませんが \AppData\Roaming 以下を開くと次のようになっています。 従来の Opera は \Opera 以下を使い、新しい Opera は \Opera Software 以下に収まった \Opera Stable を使います。Opera Next や Opera...

» Read more

Opera Developer を使う 以前ご紹介しました通り、現在 3 つある Opera の中で、新機能は Opera Developer にのみ追加されます。 機能がテストされ安定動作することが確認されると次の段階、Opera Next に入ります。これ以降の段階で新機能が追加されることはありません。行われるのはバグの修正だけです。 そうしますと、新しい機能を誰よりも早く試したいという方は、Opera Developer 版を試すべきです。 最新の Opera Developer ビルドは Desktop team blog でアナウンスされますので、そちらをチェックしてください。 新機能の試し方 現在行われている最新のテスト機能を試す方法についてご説明いたします。 通常のオプション設定は opera:settings で行います。これは既に別稿で触れました。そこにある「詳細設定を表示する」オプションを Opera Developer でオンにすると、Opera 22 にはなかった設定項目が現れます。 ここでまだ日本語訳も割り当てられない新機能「Delay loading of background tabs」にチェックを入れます。 これにより Opera の起動時にバックグラウンドで開いているタブの読み込みを遅らせ、結果として起動時間が短縮されます。 特に多くのタブを開いている場合に効果が期待出来ます。 試験運用機能を試す 更に先進の機能を試すには、アドレス欄に opera:flags と打ち込み、「試験運用機能」を設定します。 これらの機能は「完全ではありません」とあるように試験目的ですので、問題があったら「すべて標準の状態に戻す」ボタンを押して標準設定に戻してください。 左上の検索欄に tab と打ち込んで表示される機能を絞り込みます。 ここでは先ず opera://flags/#tab-hibernation にチェックを入れて試します。「変更を有効にするには...

» Read more
フォルダの中身 ドラッグ中

Opera の特徴の一つ、スピードダイヤルをより便利に活用する簡単な方法を解説いたします。いずれもご存知かも知れませんが、復習のつもりでおつきあいください。 位置の変更 スピードダイヤルに表示されるスロット(プレビュー画像)の位置はマウスで自由に移動出来ます。よく使うものは、使いやすい、クリックしやすい位置に移動させておくのも便利です。 自分で覚えやすい位置、並び順というのも重要です。 フォルダの活用 初期設定のスピードダイヤルにもあるように、Opera ではスピードダイヤルのフォルダがあります。フォルダをクリックすると灰色の背景に中身が表示されます。 開いたフォルダからマウスの左ボタンを押しながらドラッグするとフォルダの外へ出すことが出来ます。 マウスのボタンを離します。フォルダの外へ出ました。 左ボタンを押しながら引きずって好きな位置でボタンを離します。並び順が変わりました。 フォルダを作る スロット(プレビュー画面)どうしを重ね合わせると、新たなフォルダが作られます。 登録したページの場合は自動的にページのタイトルが表示されますが、作られたフォルダの初期設定の名前は「フォルダ」になっています。これでは中に何が入っているか分からないので、名前を変えます。 フォルダ上で右クリックし「タイトルの編集」を開きます。分かりやすいタイトルを付けてやります。 付けられた名前は後から変更することも自由に出来ます。 フォルダ上で右クリックして「すべて開く」を実行すると、フォルダ内に登録されているページが別々のタブで一辺に開きます。 たとえば、毎日参照するページをフォルダにまとめておき、「すべて開く」のも良いかも知れません。

» Read more

現在の Opera は以前よりも設定で変更出来る項目が減っていて、使い心地が良くないという印象をお持ちの方もあるようです。少ないとはいえいくつかの項目で設定変更は可能です。 ここではそうしたオプション設定について、あらためて解説いたします。 設定ページはメニューから「設定」、もしくは Alt キー と p を同時押しすると開きます。左側に上から「ブラウザ」「ウェブサイト」「プライバシーとセキュリティ」という見出しがあって、それぞれをクリックすると右側の本文が切り替わります。 一番下の「Opera ヘルプ」はオンラインヘルプページへのリンクです。 詳細設定を表示する 「ブラウザ」表示で一番下までスクロールすると「詳細設定を表示する」というオプションがあります。空欄をクリックしてチェックを入れると、隠されていたいくつかのオプションが表示されます。 従来通り「検索・アドレスバーに URL を完全に表示する」のがお好みの方もいらっしゃるでしょう。「スピードダイヤル」のスロットの大きさ、一行の表示数なども変更可能になります。 パワーユーザー設定の表示 さらに細かくスピードダイヤル画面の調整をしたい場合には、二段階目のオプションを開きます。これは矢印キーで、上上下下左右左右、続けて b そして a とキーをたたきます。すると以下の画面が現れるはずです。 「了解して続行」をクリックすると「スピードダイヤルのサムネイル」の幅と高さの微調整と、スピードダイヤル上部にある大きな検索バーを非表示にするオプションが現れます。 このままではこれらのオプションは Opera を再起動すると再び隠れてしまいますので、チェックボックスをクリックしておくと「パワーユーザー設定を常に表示する」ことになります。 まだまだオプションは数少ないのですが、ちょっとした変更で使いやすさが増すこともあります。お試しください。

» Read more

私たちはネットを利用して様々なページを利用しますが、毎日数回、必ず参照するページがあると思います。 パソコンを閉じて Opera を起動させると、前回開いていたタブが全てそのまま再現されます。 Opera には他とは違って特定のページを「ホームページ」に設定するオプションはありません。新しいタブを開くと「スピードダイヤル」が表示されます。これがスタートページです。 しかし毎日参照するページを間違って閉じてしまわない保護機能はあります。タブの固定機能(Pin tab) がそれです。 保護したいタブの上で右クリックして出てきたメニューから「タブを固定」を選んで実行します。 タブの幅がせばまり、一番左に移動します。これで誤って閉じてしまうことがなくなりました。 最初の設定と合わせて、これで Opera を起動する度に、一々開かなくても特定のページが参照できます。

» Read more