Tag archive for: Opera for computers

Opera 24 が Developer から Next ストリームへ進みました。ビルド番号は OPR/24.0.1558.25 (Edition Next) になります。 これまで Developer だった Opera 24 の安定化が向上したので、デスクトップチームは昨日、Next として Opera 24 をリリースしました。ここでは幾つかの新機能をご紹介したいと思います。 タブプレビュー 複数のタブを開いていいる時に、他のタブにフォーカスを当てると、実際にタブを開かなくても画面中央にタブの内容が表示(プレビュー)されるようになりました。以前のバージョンにも類似の機能があり、多くのタブを開いている場合に、開かずに探しているタブを見つけるのに役立っていました。 Opera 24 では以前よりも大きなプレビューを表示するようにしました。これによってウェブメール程度ですと内容を読むことも可能になりました。動的なコンテンツを有したページでは、読み込みに応じてプレビューが変化するのも見て取れます。したがって、読み込みが完了していないタブの内容をプレビューしようとしても表示はされません。 人によっては大きなプレビューは不要であり邪魔であると感じられるかも知れません。Next はリリース前のベータ版でもあり新機能を試す性格も持っていますので、お試しになられる方は積極的に新機能を使っていただきたいのですが、どうしてもタブプレビュー使いたくない場合には、アドレスバーに opera:flags と入れて #tab-preview をオフにして Opera を再起動してください。 上記説明は誤っておりましたので、ここに訂正いたします。設定画面に専用オプションがありますので、それにて再起動不要でプレビューのオンオフが可能です。この例示ではコナミコードによってパワーユーザー設定をオンにしてありますので、プレビューを表示させるまでの猶予時間を細かく変えるオプションも同時に見えます。 その際、画面左側の検索欄に tab もしくは preview と入れると候補が絞られて見つけやすいでしょう。 またこの機能は Windows の HiDPI 環境と Mac の Retina ディスプレー上では初期設定でオフにしてあります。 これはプレビュー表示がそれらの環境ではアニメーションのスムーズさといった描画性能に問題があるための措置で、手動でオンに切り替えてご自身でチェックすることも可能です。 その場合も先の例と同様に、opera:flags から #enable-tab-preview-in-hidpi-mode を探して設定変更します。 Windows の...

» Read more

Opera 23 が beta 相当の Next から正式版になりました。 – 英語によるデスクトップチームからの告知ポスト – CSS や ES6 など、新たにサポートするようになった企画についての技術解説 目に見える一番大きな変化は以前ここで取り上げたハートボタンになります。Chromium のバージョンを上げた他に、opera プロトコロの内部ページに検索欄を付けるなど細かな修正が主体です。 これまでお使いの方は自動更新が行くはずです。一刻も早く更新なさりたい方は、メニューから Opera についてを開いて最新版か確認させてください。

» Read more
オプション設定

Opera はアドオンで bookmark API をサポートしており、それを用いたアドオンも Opera 製のものが公開されています。試してみてお気に召しましたらご活用ください。 入手法 最も簡単な使い方を解説します。まず Opera 12 から最新の Opera へブックマークを移行することを想定します。 メニューから「エクステンション」を選んで開きます。ページ左側のメニュー一番下から「拡張機能をさらにインストールする」を選んでアドオンページを開きます。 右上の「アドオンを検索」に bookmark と入れて検索します。 表示された検索結果から Bookmark Manager を選びます。 画面右側のボタンからアドオンをインストールします。次に「拡張機能」のページを開き、オプションの一番下「ファイルの URL へのアクセスを許可する」のオプションをオンにします。 このオプションをオンにしないと、インポートが出来ませんので注意が必要です。 次に、Opera 12 を開き、メニュー > ブックマーク > ブックマークの編集を開きます。 画面上部のメニューから「ファイル」を開き、「HTML 形式でエクスポート」を実行します。適当な名前を付けて HTML ファイルとして保存します。Opera 12 は一旦閉じます。 アドレスバー右端に表示されているボタンを押し、「Manage and import」をクリックします。開いたページで「Import bookmarks」を開きます。 「ファイルを選択」で先ほどエクスポートしたファイルを指定します。インポートが終了すると、それ以降ボタンを押すと以下の様に、インポートしたブックマークが利用できます。

» Read more
Opera ディレクトリ

Twitter の方でつぶやいたことですが、デスクトップで従来の Opera 12 をお使いの方が最新の Opera をインストールしていただきますと、新旧を並行してお使いいただくことが出来ます。 標準状態でインストールされている Opera 12 の上に、これまた標準状態で最新の Opera 22 をインストールすると次のようになります。これは Windows 7 の場合ですが、C:\Program Files (x86)\Opera を開いた様子です。 同一ディレクトリに Opera 12 を起動させる opera.exe と Opera 22 を起動させる launcher.exe が並存しています。自動アップデートを行った Opera では、このディレクトリ内に最近 2 バージョンのファイルを収めたフォルダを見ることも出来ます。 問題はプロファイルですが、Windows の標準状態では表示されませんが \AppData\Roaming 以下を開くと次のようになっています。 従来の Opera は \Opera 以下を使い、新しい Opera は \Opera Software 以下に収まった \Opera Stable を使います。Opera Next や Opera...

» Read more

Single heart Opera Developer や Opera Next を Desktop team blog で追ってらっしゃる方はご存知の話題になりますが、現在 Opera Next である Opera 23 には見かけ上ちょっとした変更があります。 現在の Opera 22 では、アドレスバー右端にスピードダイヤルとスタッシュの登録ボタンが別々に表示されています。 これが Opera 23 からは一体化されてハート印だけになります。開いているページを登録するには、ハート印をクリックし目的のメニューを選択することになります。 ちょっと注意が必要なのは「ブックマークバーにページを追加」かも知れません。このメニューを実行すると隠れていたブックマークバーがアドレスバーの下に出てきます。 このバーは一度表示されれば、タブあるいはアドレスの先頭のアイコンからバーへ、ドラッグ・アンド・ドロップしてページを登録することも出来ます。 キーボードショートカットの Ctrl+D もブックマークバーへの登録になっています。ちなみに、Ctrl+B はスピードダイヤルへの登録です。こちらも用途に合わせて活用してください。 このような仕様の変更、新機能などをいち早く試したい方は、Desktop team blog をチェックなさってください。

» Read more

本家 Opera News の方で紹介されていたので、日本語でも紹介してみます。 Desktop Team blog を良くご覧になっておられる方は、活発にコメントしている Leo Gomes さんを見たことがあるでしょう。 彼は blog のコメント回数で最近 1000回を超え Opera News の担当の目にとまったようです。しかも彼のコメントはどれも客観的かつ建設的で感心させられます。 彼をコメント欄で見かけたら声をかけてください。このアバターが目印です。 このアバターは日本の Scandal というバンドのミュージックビデオの中で見られるキャラクターだそうですが、分かりますか。 彼はブラジルの方のようですが Twitter を見ると J-POP 好きのようですね。

» Read more

これまで多くの方々から Linux 版の新 Opera はないのかと質問がありました。繰り返し、準備が出来たらとだけお答えしてきましたが、ようやく今日、公開することが出来ました。Opera は Linux 版の開発もやっていました。 Opera 社内の開発者の多くは Linux が好きで、日常業務も Linux 上で行っています。したがってユーザの方々の要望を誰よりも重く受け止め、しばらく前から Linux 版の開発を行ってきました。 新 Opera になって開発の優先順位から Windows と Mac が先になりましたが、これは従来からあることで、そこにエンジンの変更が重なり、お待たせする時間が長くなってしまいました。 また Linux 版を追加することは、オープンソースの OS を使っている人にもウェブへのアクセスを手助けすることであり、オープンなインターネット、あらゆる人にウェブへのアクセスを提供するという Opera のビジョンとも合致することでもあります。 Opera for Linux Developer Linux 向けに提供する Opera は Windows や Mac 版とはちょっとした違いがあります。 1. Opera Next や安定版 Opera はなく、当面は Opera Developer のみを提供します。 2. 動作環境として現在最も広く使われている 64ビット版 Ubuntu...

» Read more