Opera 30 がベータになりました。エクステンションをサイドバーに表示させることが可能となり、タブメニューの表示を使用した順序にしました。

ぜひお試しいただき、重要なことにお役立てください。重要なこととは、仕事、調査・研究そして何であれ楽しいことです。

サイドバーエクステンションで無限の用途

新しいサイドバーには専用のエクステンションを表示させられ、ブラウジング中に何時でも利用することが出来ます。以前の Opera にあったノート機能を使いたかったでしょうか。このエクステンションをインストールしてサイドバーから利用可能です。

Opera 30 beta sidebar extension

最初に Ctrl+Shift+S を押してサイドバーを開くと + ボタンだけが表示されています。そこをクリックすると、サイドバーに対応したエクステンションのカタログが出てきます。今後もっと多くのエクステンションがサイドバーに対応します。サイドバーエクステンションは、生産性向上に寄与する無限の可能性を持っています。

サイドバーエクステンションは独立したアプリのように動作し、ブラウジング中にメイン画面の情報はそのままに、スポーツのスコアをチェックするなど様々な要求に応えるものです。

サイドバーを出すには Windows では Ctrl+Shift+S あるいは O メニュー > エクステンション > サイドバー
Mac では ⌘⌥s あるいは View > Show sidebar になります。

タブサイクラー

現代のブラウザにとって、タブの操作は日常的に行う極めて重要なことです。特に多くのタブを開いている場合に、必要なタブを探し出すこと、目的のタブを素早く開くことが出来ないとストレスになります。

この分野で私たちは多くの改良を行ってきました。大きく表示されるタブプレビュー、タブバー右端のタブメニューそしてタブの同期などです。そこに今回加わるのが強力なタブサイクラーです。

タブの移動を、タブを開いた順序で行うことにより、容易に希望のタブに到達することが可能となりました。これは言葉で説明するより実際に使っていただくことにより、便利さを実感していただけると思います。

Opera 30 beta タブサイクラー

上のスクリーンショットで表示されているタブの並び順と、右側のタブメニューに表示されているタブの並び順が異なっていることが見えるでしょうか。タブメニューでは最近開いたタブから順に並んでいます。

キーボードショートカットをお使いになられるのであれば、Ctrl+Tab によって使用した順序にタブのフォーカスが移動しキーを放せば希望のタブが開きます。Shift キーを追加して押さえれば、逆の順序になります。

もし従来通りタブバーに表示されている左右の並び順でタブの移動をしたいとお思いの方のために、別のキーボードショートカットを用意しました。Windows と Linux では Ctrl+ 1/2、Mac では ⌘ + ⇧Shift + ←/→ をお使いください。

更に従来型にそもそもの設定を戻したい場合には、設定 > ブラウザ > ユーザーインターフェイスにあるタブを最近使用した順番で循環するのオプション設定から変更出来ます。

タブメニューの改良

タブメニューを見ると、表示セクションが最近閉じたタブ・ウィンドウ他のデバイスそして開いているタブに分かれることになっています。誤って閉じてしまったタブを開き直したい場合にお役に立つはずです。

更に Opera アカウントにログインしていれば、同期している他のデバイスで開いているタブもここから確認し開くことが出来ます。
ここ項目は現時点で手許のベータでは同期の不調により上手く動作しておりませんことを付け加えておきます。

Opera ベータ 30 のダウンロードはデスクトップチーム blog からお願いします。

Back to top