現在、全世界で 3 億 5000 万以上の方々がオンラインになるにあたって Opera を使っています。Opera Miniコンピュータ用 OperaAndroid 用 OperaOpera MaxOpera Coast 等々を携帯電話やラップトップ、デスクトップ・コンピュータでお使い頂いております。

その背後には数百人のデベロッパー、UI デザイナー、テスター、そしてアプリのダウンロードや利用がスムーズに行われるのを確保するインフラを担当するエンジニア、関連するウェブサイトの運営、翻訳を担当する人々が居ます。

Engineering Seminar 2015

こうした Opera を支える多くの人々は普段、世界中の様々なオフィスに分かれて仕事をしています。ポーランド、ノルウェー、スウェーデン、フランス、アメリカ、インドそして日本等です。

しかしこうした人々が一堂に会する機会があります。それが社内セミナーですが、今週南フランスのプロバンス、フレンチ・リヴィエラにある小さな町、カンヌのお隣、オピオで開催されました。

Nice

様々なチームに分かれているエンジニアが集まり、知識を共有し意見を交わすのがセミナーです。こうした機会は普段私たちが行っていることを見直し、私たちの製品を一層向上させ、これからの製品について語り合う絶好の場でもあります。

今回のセミナーでの中心となった話題の一つは、Opera ブラウザにおけるデータ圧縮技術でした。データが携帯端末に渡る前に圧縮しテキスト、ウェブページそしてビデオのサイズを縮小させることは、私たちが注力している技術ですが、それは人々が Opera を使うことによってオンライン体験をより良くするだけでなく、まだオンラインになっていない次の 10 億の人々に手を貸すことでもあります。

このセミナーで、普段から Opera を支えている素晴らしいエンジニアたちと意見を交わす中で多くのことを学びました。私たちのデータ圧縮技術がこれから更に改良されより多くの人々の役に立てることが、今から楽しみです。

Opera そしてブラウザ、ウェブ技術に関心のある皆さんからの意見に私たちは常に耳を傾けています。Twitter で、あるいは Facebook でお声がけ下さい。

Related Posts

Back to top