Opera のキーボードショートカットは設定からカスタム可能ですが、拡張機能をインストールすることによって設定からは追加出来ない機能を Opera に加えることが可能です。

Shortkeys 拡張

Shortkeys は私が毎日の Opera 利用において、最も頻繁にその恩恵にあずかっている拡張機能です。

Shortkeys 拡張機能の設定画面

この拡張機能の特徴の第一は、Ctrl キーや Shift キーだけでなく通常のキーの組み合わせをショートカットに割り振ることの出来る点にあります。上掲の私の設定例では、f キーを押して放した後に d キーを押すと画面の最上部までスクロールさせるようになっています。

これは長い文章を読んだり、ツイッターのタイムラインを読み進んだ後で、画面上部まで戻る際に活躍します。

また f も d も左手のホームポジションにありますから、手を動かさず、指を押し下げるだけで操作出来ることが利点です。

同様にして、f と s では画面最下部へ移動し、f を二度押すとページの再読み込みをさせられます。これは使ってみると分かりますが、便利で手放せなくなるはずです。

更に Shift キーと組み合わせて、Shift + f に最後に閉じたタブを開くを Opera 本体の設定から以下のように追加しておくと便利でしょう。これはデフォルトの Ctrl + Shft + T が私にとっては片手で押しにくい不便なキー配置だったからです。これなら左手だけで操作可能ですので、この変更によって私の満足度は大変上がりました。

Opera の設定画面からカスタム

この設定は私にとって最も気に入ったカスタムですが、カスタムというものは人それぞれです。キーの割り当ては一例に過ぎません。自分にとって一番合うキーを探してみて下さい。

Opera 情報はこちら

Opera に関する日本語での最新情報は、Opera Japan 公式 Twitter アカウント あるいは公式日本語 Facebook アカウントをチェックしてお見逃しなく。

Like what you've read? You would also like our browser!

Download Opera Now
Download Opera browser

Related Posts

Back to top