iPhone, iPod Touch と iPad 用 Opera Mini が本日バージョン 8.0.2 になりました。8.0.1 ではシングルカラム表示のオプションが付きましたが、新バージョンではそれに加えて、テキスト・ラップ(自動行折り返し)と表示のズームがオプションで設定可能となりました。

設定方法
1. 設定画面からデータ圧縮モードを開き Opera Mini を選択する
2. 詳細設定をタップする
3. ズームの設定には、スライダーを好みの位置に移動させる
4. テキスト・ラップの設定には、画面幅で改行のボタンを右に動かす

ズームとテキストラップの設定
データ圧縮の完了ボタン
またこのデータ圧縮設定画面右上に、完了ボタンが追加されているのにも気付かれるでしょう。以前はデータ圧縮設定画面から “< メニュー" をタップして元の設定画面に戻り、閉じるをタップしないと閲覧していたページへ戻れませんでした。
新しいバージョンでは、これが簡単になりました。データ圧縮画面右上の完了をタップするだけで元のページへ戻れます。

その他、以下の変更点が新バージョンに盛り込まれています。
– インターフェースに使われている複数の要素の改良
– ポップアップ・ブロッカーの微調整
– メモリ使用量の削減
– ページ再読み込みの制限
– 安定性とパフォーマンスの向上

もしもまだ Opera Mini をお使いの iPhone や iPad にダウンロードしておられないなら、今日がそうすべき日です。

Opera Mini でブラウジングすることは楽しいだけでなく、データ使用料金も節約します。ぜひ 2 つのデータ圧縮モードの違いもご自身でお確かめください。

Opera Mini は App Store から無料でダウンロード出来ます。

Related Posts

Back to top