Tag archive for: developer

Opera Developer を使う 以前ご紹介しました通り、現在 3 つある Opera の中で、新機能は Opera Developer にのみ追加されます。 機能がテストされ安定動作することが確認されると次の段階、Opera Next に入ります。これ以降の段階で新機能が追加されることはありません。行われるのはバグの修正だけです。 そうしますと、新しい機能を誰よりも早く試したいという方は、Opera Developer 版を試すべきです。 最新の Opera Developer ビルドは Desktop team blog でアナウンスされますので、そちらをチェックしてください。 新機能の試し方 現在行われている最新のテスト機能を試す方法についてご説明いたします。 通常のオプション設定は opera:settings で行います。これは既に別稿で触れました。そこにある「詳細設定を表示する」オプションを Opera Developer でオンにすると、Opera 22 にはなかった設定項目が現れます。 ここでまだ日本語訳も割り当てられない新機能「Delay loading of background tabs」にチェックを入れます。 これにより Opera の起動時にバックグラウンドで開いているタブの読み込みを遅らせ、結果として起動時間が短縮されます。 特に多くのタブを開いている場合に効果が期待出来ます。 試験運用機能を試す 更に先進の機能を試すには、アドレス欄に opera:flags と打ち込み、「試験運用機能」を設定します。 これらの機能は「完全ではありません」とあるように試験目的ですので、問題があったら「すべて標準の状態に戻す」ボタンを押して標準設定に戻してください。 左上の検索欄に tab と打ち込んで表示される機能を絞り込みます。 ここでは先ず opera://flags/#tab-hibernation にチェックを入れて試します。「変更を有効にするには...

» Read more
Thumbnail

デスクトップ用 Opera は現在、通常の正式版以外に Developer, Next という二つの開発途上版を公開しています。これらについて今更ながら簡単に振り返ってみましょう。 三つはアイコンも異なっています。 Opera 通常の Opera はおなじみの赤いアイコンです。正式版ですから他と比較して最も安定していてどなたにもお勧めできます。時として Stable(安定版) と呼ばれる場合もあります。 こちらの現時点でのバージョンは Opera 20 になります。Stable 版には主にセキュリテュ上の問題でバージョン番号、少数点以下の更新が入ることがありますが、新機能の追加や様々な変更は最初の二桁の番号が上がる時だけになります。現在 Opera 20 をお使いいただいている方は、Opera 21 になる時にいくつかの新機能をお試しいただけます。 Opera Developer 最新の機能を試したい、そういう方には Opera Developer を用意しています。青地に白いアイコンが目印です。Opera Developer はデスクトップチームブログからダウンロードできます。こちらは週に一、二度のペースで新しいバージョンが公開になりますが、新機能が追加されるのは常に Opera Developer からになります。 前のバージョンと性能や機能を比較するためにはスタンドアローンインストール(USB インストール)を選んで上書きしないでバージョンごとに管理するのも良いでしょう。ただし現在はオートアップデートが働きますので古いバージョンを起動するとファイルのダウンロードが選択の余地なく始まります。 Opera Developer も Opera Stable と比べると基準は少しゆるくなりますが、基本的なチェックを経て公開されますので、全く使い物にならないほど不安定というわけではありません。最新機能をいち早く試したいという方に必要な安定度は備えていますのでご安心ください。 こちらの現時点でのバージョンは Opera 22 になります。 Opera Next 全ての新機能が一定の基準に達した後、Opera Developer は次の段階である Opera Next になります。ここで安定度が上がらなかった一部の機能は、更に次のバージョンへと先送りされることもあります。したがって Opera...

» Read more