あなたは 61% のモバイルサイトが自由に画面をズームさせてくれないことをご存知でしたか。本日リリースした Android 用 Opera 34 は、この問題をあなたのために解決しました。

最新版の Android用 Opera を起動すると、きびきびとした動きに気付かれるでしょう。低スペックの端末でも快適に動作するよう、数多くのインターフェース面での改良を施しました。

更に、頻繁に寄せられた機能追加の要望にお応えしました: どんなウェブサイトでも画面の拡大ズームが可能となりました。サイトのオーナーがそれを不可としていても、決定権はあなたにあります。

どれ程の数のサイトがズーム不可と指定しているのか、気になって調べてみました。有力なサイトのほとんどを巡回して、ウェブがどのように構築されてきたかという歴史的情報を収集している HTTP Archive によって検討を始めました。HTTP Archive の統計はフラッシュの衰退ウェブフォントの盛隆といったデータを始めとする、自身で分析をする際の元になる多くの生データを示してくれます。

そこからトップ、正確には 4762、のウェブサイトに関する Chrome によるエミュレータを利用して Android 上で読み込んだ最近 (2015 年 12 月 1 日) のデータを取り上げます。最初に着目したのはモバイルに最適化した、モバイルからアクセスして来たユーザに応答性の良い体験を提供しているサイトの数です。喜ばしいことに、82% のウェブサイトがそういた対策を行っていました。

一方で、こうしたモバイルに最適化したサイトのうち、何と 61% が画面のズームを不可にしていたのです。そのため視覚に問題のある利用者がこれらのサイトを使うには非常な困難が生じています。こうした人々には拡大ズームが出来ることが必要なのです。さらに言えば、今日において、ズームを禁止することには何ら有用な理由がないのです。

ここに私たちの新機能が役に立ちます: 赤い “O” から設定を開き、強制的にズームを有効にするにチェックを入れます。これで(ほとんど)全てのサイトでズームする決定権を取り戻せます。現在の所、手動でこの機能を有効にする必要がありますが、画面幅で改行と同様に、使われ方を見て将来は初期設定で有効とするか検討いたします。

Play ストアから今直ぐ Android 用 Opera 34 をダウンロードし、”強制的にズームを有効にする” を試して下さい。そして使った感想をお聞かせ下さい。上手く動かないサイトがあったらバグレポートをお送り下さい。

Like what you've read? You would also like our browser!

Download Opera for Android with free VPN

Download Opera for Android
Download Opera browser

Related Posts

Back to top