Tag archive for: Opera for computers

adblocker popup

肥大化した広告が無かったらサイトの中には 90% も速くなるものもあります 本日は、ネイティブな広告ブロック技術を組み込んだコンピュータ用 Opera developer 版をご紹介いたします。「ネイティブ」な技術によってブロックはエンジンレベルで行われ、従来の拡張による方法に対して圧倒的な速度向上を実現しています。 私たちはメジャーなブラウザメーカーとして初めて広告ブロック機能をネイティブに実装しましたが、特段驚くべきことではありません。アドブロッカーを使用されている方の数は増加しておりますし、Apple はプラットフォームレベルで許容しています。 ユーザの方々は真剣に広告ブロッカーを欲しています 広告は始めからインターネットにおける重要な地位を占めて来ました。1994 年には最初のオンライン広告が登場しました。それ以来、広告はウェブの成長を助け、数百万のウェブサイトに人々が無料でアクセスすることを可能にしてきました。 しかし時間の経過と共にウェブ・ブラウジングにとって主要な悩みの種になりました。今日、肥大化したオンライン広告はネットワーク帯域をかつてないほどに圧迫し、ウェブページの読み込みを遅くし、時には画面を覆い尽くしたり、「偽のダウンロードボタン」を押させようとしたりします。またプライバシー保護やオンライン行動を追跡することへの危機感の高まりも見られます。 その結果、広告ブロッカーソフトを使う人々の数が増えています。 PageFair/Adobe によってなされた調査によると、 2014 年と 2015 年を比較して広告ブロッカーを使用する人の数は全世界で 41% 増加したとのことです(そのうち98% の人がコンピュータで使用しています)。 人々はブランドや広告主に対して、現状を変えなければならないという明確なメッセージを発しているのです。今は 2016 年です。広告もより軽量、高速に変わるべき時だと私たちは確信しています。IAB L.E.A.N. initiative という広告を改善するための組織がありますが、広告それ自体はどうでしょう。中にはユーザが使う広告ブロックを無効化させようという動きさえあります。しかし、広告がより良くなり、出しゃばり過ぎず、ブラウジングをひどく遅くさせることがなくなったらどうなるでしょう。 それゆえに、ネイティブな広告ブロック機能と共に、広告主とユーザに「重い」広告が引き起こす問題を理解するためのツールを提供することにしました。それによって広告業界が目指すべき変革を加速させるものと確信しています。 広告ブロックに対する賢いアプローチ Opera の広告ブロック機能は初期設定では無効となっています。 ブラウジングを開始すると Opera はブロック出来る広告があるか探知し、広告ブロック機能を有効にするか聞いてきます。特定のウェブサイトに対して広告ブロックを有効にする、無効にすることは アドレスバーの「盾」のアイコンを1クリックしてスイッチを切り替えるだけです。 このダイアログは、現在のページそして全体でどれだけの広告をブロックしているかの統計も表示します。更に、広告ブロックを使った場合と使わなかった場合とで、現在開いているウェブページの読み込み時間にどれだけ差が出るかを簡単にチェックすることも出来ます。 特定のサイトで広告ブロックを無効にすると、そのサイトは例以外リストに追加され、Opera の設定画面で後から変更も出来ます。その画面はポップアップの歯車アイコンから開けます。既にそのリストにはテスト用に幾つかのサイトが登録されていますが、広告が有効でも有益で便利なサイトがあったら、自由に編集して追加してください。たとえば CNET や TechCrunch はユーザに対して広告を表示させても非常に優れた体験を提供しています。それらのサイトではページ読み込みの広告による遅れは非常にわずかなものです。 技術的背景 私たちが既存の広告ブロッカーを調査したところ、広く利用されているブロックリストは非常に優れていて、多くの広告をブロックすることが分かりました。しかし多くの拡張機能は URL やページ内の要素がブロックするリストに該当するかの判定に多くの時間を費やしていることも判明しました。Opera はブロックリストによる判定にネイティブなコードと高速なアルゴリズムを使用しています。それによって判定に伴う速度低下を最小限に抑えることが可能となりました。更に Opera では広告ブロックは出来るだけ初期段階、すなわちエンジンがネットワークにリクエストを送るところで行っています。 現在 Opera は EasyList...

» Read more
Operra developer 37 initial

Opera 35 development サイクルへようこそ。前サイクルでは、はっきりと私たちが何に取り組んでいるか公開しましたが、今回は未だ秘密です。チェンジログや flag を探しても見つかりません。当面は同期のテストと幾つかのバグ修正をチェックしてください。 一点だけ目新しいのは #no-theme-overlay です。これを flag で有効にして効果をお試しください。 XP/Vista Chrome の blog で Windows XP と Vista に対するセキュリティ修正を含むサポート終了のお知らせがありました。 私たちの製品を愛用頂いているユーザの皆さんのことは常に気にかけていて、12.18 セキュリティ修正も行いました。Opera 36 は Windows XP と Vista にとって、セキュリティとクラッシュ修正は継続して行いますが 機能追加という点では最後のバージョンになります。 Opera 37 以降のバージョンは Windows XP と Vista では動作しませんので、可能であるならば、より新しい OS にアップデートしてください。 チェンジログ

» Read more
Opera は Opera のまま

多くの方がお聞きになられた通り、昨日チーフー 360 とコンロンを含む中国のインターネット企業から成るコンソーシアムが Opera に対して公開株式の全数買い取りを申し出ました。まず第一に重要な点は、この取引は未だ最終決着しておりません。弊社の株主がお持ちの株を申し出ている価格で先方に売るかどうか決していないからです。 Lets see if the offer is approved, but remember no matter what @opera is #StillYourOpera 🙂 https://t.co/yKQ4rcuwsy — Karin Greve-Isdahl (@kgisdahl) February 10, 2016 #Opera というハッシュタグがニュースのトレンドに上っておりますので、この機会に皆さんから親しまれ、信頼されている Opera 製品の将来についてお話させて頂きたいと思います。 英文でモバイルについてはヌノから、デスクトップについてはクリスチャンからの記事がありますので、ここでは日本語で双方をまとめてご紹介いたします。 先ずは Opera のモバイル製品について。当然のことながら、今回の買収の申し出が Opera のモバイル製品に対してどのような影響を与えるか思いをはせてらっしゃるでしょう。Opera はインターネットの世界を形成する上で常にキープレーヤーであり続けてきましたし、間違いなくこれからもそうあり続けます。 しかし、私たちの優れた技術をより多くの人々に届けるためには、より多くの協力してくれる人々と活用出来る技術を広げる必要があります。その点で本日の機会に対しては、外部の巨大なインターネット企業と協力して進むことを好意的にとらえています。 今日 Opera には 3 億 5000 万のユーザが居ます。我々の中国の友人たちには 5 億のユーザが居ますので、合わせて 8 億を超えます。これは巨大な数です。 @IceWreck Nothing set...

» Read more
Opera beta 36

ここに Opera 36 がベータ期に入ったことをご報告申し上げます。既に developer ビルドを使って居られた方はご存知のように数多くの変更がなされています。スタートページのデザイン変更や Windows 10 での改良を始めとする変更は、ユーザの方々からのフィードバックに基くものです。以下にその要点をまとめてご紹介いたします。 スタートページのレイアウト変更 既に developer ストリームでお馴染みのように、新しいスタートページはナビゲーションの使いやすさに配慮したものです。スタートページの表示変更パネルは左側に移りました。そしてスピードダイヤルとニュースは同一画面に融合され、右上にある “Customize start page” 歯車ボタンから設定変更出来るようになりました。スピードダイヤルとニュースを分ける従来の方式が気に入っておられる方も、この設定パネルから戻して使うことが出来ます。右側のパネルでニュースのチェックを外すと、左側のパネルにニュースを表示させるボタンが出現します。 developer 版をお使い頂いていたユーザの皆さんから要望の多かった機能ですが、設定 > ブラウザ > “Show advanced setting” を有効にすると、スタートページの設定歯車パネルのチェックを外すことによって、ほとんど全ての表示内容をスタートページから消すことも可能です。必要最小限、あるはすっきりした画面を好むユーザの方は、お試し頂くと気に入って頂けるかも知れません。 Windows 10 とタッチスクリーンの Opera UI 改良 Windows 10 のユーザ、特にタッチスクリーンをお使いの方は、インターフェースの改良を歓迎して頂けるでしょう。先ず、設定 > ブラウザ > トップバーにシステムの色を使用する からシステムあるいは Opera の色を操作出来ます。 Windows 10 のタッチスクリーンをお使いの方は、フルスクリーンモードへの切り替えボタンが追加されていること、そしてコンテキストメニューがタッチ向けに押しやすい大きさになっているのにお気付きでしょう。これらは Opera をタッチ操作で起動すると有効となります。 拡張のエクスパンダー 沢山の拡張をインストールされている方、ツールバーに収まらない拡張にもアクセスしたいとお望みの方のために、ツールバーにエクスパンダーを付けました。以下のスクリーンショットは例示のためにランダムに拡張を入れたものです。 テーマのカスタム テーマを選択するのも視覚的に容易になりました。候補となるテーマは、設定 > 基本設定と “Show Advanced...

» Read more
Opera 35

2016 年最初のコンピュータ用 Opera 安定版リリースです。 今年 Opera は数々のすばらしい機能搭載を計画していますが、その先陣となるリリースです。日本の皆さんには developer の段階で主な新機能を紹介してきましたが(過去記事 その 1、 その 2、そして 3、微調整された用語や訳語の統一もありますのでもう一度振り返ってみましょう。 タブの音を消す タブを開いたら突然大きな音が出て来て、あわてて閉じてしまったことがあるでしょう。 そこでウェブサイトが自動再生する音を消せるようにしました。タブ単位でもブラウザ全体でも簡単に音を消せますから、タブを閉じることなく記事だけを読み進むことが可能となります。 タブ上のコンテキストメニュー(右クリックで表示されるメニュー)には、他のタブの音声をオフにするを追加しました。これは YouTube で音楽を流しながら他のタブでニュースを読んでいるといった場合に、自動再生で音が出て来て好きな音楽を邪魔されたくないといった場面で有効です。 改良されたダウンロード ダウンロードのポップアップまわりにも Opera 35 には多くの改良が施されています。またダウンロードされたファイルの一覧表示にも見やすい工夫が盛り込まれています。 インターフェースだけでなく、PDF、画像、音楽、動画など良く使うファイルフォーマットにはクイックリンクも装備されています。 これまで特に低速ネットワーク接続時に多くあったのですが、ファイルをダウンロード中なのに誤って Opera を終了させてしまうと、何の警告も出ないで終了してしまうではないかという苦情がありました。そこで確認ダイアログを出すようにしました。 拡大したカスタム幅 ユーザの皆さんがブラウザをどのように使っているか、私たちは様々なテストを通じて調べています。そうしたデータをもとにすることで実際にコンピュータ用 Opera がどのように使われているかを知り、改良して行くための資料としています。 その結果、ユーザの皆さんがもっとブラウザをカスタムしたがっていることが分かりました。匿名で送って頂いている利用統計資料には感謝しています。 コンピュータ用 Opera にはさまざまなカスタムのためのオプションがあります。設定画面を今回見直して、頻繁に使われる項目を基本設定として独立させました。 起動時の設定、ダウンロード、ブックマークバー、クッキーが素早く変更出来ます。またフィードバックに基き、テーマもここから変えられるようにしました。 今回のリリースでは他にも多くの外観の変更があります。また外からは見えない部分にも多くの変更があります。いつものようにお使いになられた感想を是非お聞かせください。 2016 年は始まったばかりです。この先も沢山のわくわくするような計画があります。どうぞお楽しみに。 Installation links: Opera for Windows Opera for Mac Opera for 32-bit Linux – deb...

» Read more

今回の Opera developer ビルドにはちょっとした面白い機能が入っています。また前回見送られた Linux 用ビルドもあります。以下にその解説を: ニュースをあなた向けにカスタム まずは developer ストリームから「ニュース」のカスタムを可能にしました。これは閲覧履歴にもとづいて自動調整されるものです。ニュースの冒頭に以下のような文面が出て来ます。 ここで Customize news をクリックすると選択可能なソースが表示されます。完了すると これは後から右側のパネルでオンオフ出来ます。 Opera menu の整理 Opera menu に重複していた項目を整理しました。少しだけですが。 他の変更と修正 ・Windows 10 のインターフェース周りに多くの修正 ・Mac 版で拡張エクスパンダーに拡張が収納されている状態でフルスクリーンにすると Opera がクラッシュする問題 ・アニメーションテーマにおけるパフォーマンスの向上 ・履歴周りの複数の修正 ・スタートページの外観の調整 例によって詳しいチェンジログや既知の問題、ファイルのダウンロードは英文によるアナウンスを参照。

» Read more

先の developer ビルドから 1 週間が経ちましたが、Opera の開発者たちの成果をこのビルドでお見せ出来ることになりました。多くの変更が盛り込まれていますが、ユーザの皆さんからの有意義なフィードバックのお陰です。本当に感謝しております。 幾つかのハイライトを以下に解説いたします。 フィードバックに基づく変更 カスタムがスタートページ右脇のパネルからも可能になりましたが、ご意見に基づいて表示の仕方を変えられるようにしました。先ずはご自身でお確かめください。 ・私たちが目指しているのはシンプルで使いやすいインターフェースです。人によっては細かな設定をなさりたい方も居られますので、お好みに応じて設定画面に表示される項目を変化させるようにしました。設定 -> ブラウザからスクロールダウンして、Show advanced settings にチェックを入れますと、スタートページ右上から開く Customize start page に表示される設定項目が増えます。 Show advanced settings にチェックが入っていない初期段階では、ここにテーマとニュースに関わる項目だけが表示されます。 ・前回の developer ビルドで評判のよろしくなかった、ニュースページの白い背景色を除去しました。設定してあるテーマにマッチしたクリーンなものとなります。いかがでしょうか。 ・ブックマークバーのフォルダアイコンを変更し Opera としての統一感を出しました。フィードバック、ありがとうございます。 新しい設定画面 上に貼ったスクリーンショットをご覧頂くと分かるように、ニュースの細かな設定をスタートページから簡単に行えるようになりました。 テーマの設定 新しくなった回転式テーマ選択画面が、設定 -> ブラウザと “Show advanced settings” をオンにしたスタートページの設定画面の両方でご利用頂けるようになりました。ダウンロード済みのテーマとオンラインにあるテーマ、ともにここから選択可能です。 もちろん従来の手順でテーマを変更することも可能です。 他の機能 以下の機能は flag に格納されていますが、developer ビルドに関心を持たれる方は、試してみたいでしょう。 ・十分な量の閲覧履歴が記録されている場合には、flag の #personalized-news-start-page をお試し頂けます。閲覧履歴に基づいて良くご覧になられるサイトのニュースがあなた専用として出て来ます。 ・低速回線(1Mb/s 以下)に繋いでいる場合に、ニュースは自動的に Turbo2 モードに切り替わります。手動で Opera Turbo...

» Read more